兄弟が多い人からしたら、ひとりっ子って親から大事にされてうらやましい! というイメージがありますよね。今回は、そんなひとりっ子の性格を、探っていきます。

兄弟構成で性格診断! ひとりっ子の特徴

1: おっとりしたお人よし

兄弟がいないので、親の愛情を一人占めできたひとりっ子。自分に注目してもらおうとアピールしたり、ライバルである兄弟と争った経験もありません。そのため、どこかおっとりした印象があります。他人を押しのけてでも上にいこうという野心はなく、競争社会には向いていません。むしろ、どうしてそこまでライバルに勝ちたいと思うのか、不思議に感じています。ひとりっ子はお人よしでマイペースなのです。

2: 経済感覚がずれている

ひとりっ子は、自分だけのおもちゃを買ってもらえるのが当たり前。お小遣いやお年玉を、平均以上にもらっているひとりっ子もたくさんいるでしょう。高価なものをためらいなく買ってしまったり、経済感覚がちょっとズレていることも。
兄弟がいる人からは「ひとりっ子だから甘やかされている!」と言われることもありますが、本人はなんのことだかさっぱりわからないのです。

3: 1人の時間が大切

みんなとワイワイ楽しく過ごすことも好きですが、たまには1人の時間が欲しくなります。つねに1人遊びをしてきたひとりっ子には、自分だけの世界に入れる1人の時間が大切なのです。

4: マイルールをもっている

独自のルールをもっているひとりっ子。他人は他人、自分は自分という価値観なので、頑固に思われることも。

5: 空気を読もうとしない

生きていくうえで、空気を読むという必要がなかったひとりっ子。「なにを食べるか」という話になって、みんなが遠慮してなにも言わないなか、「私は焼肉が食べたい!」と自己主張できるタイプはひとりっ子に多いです。
ただ、どうしても焼肉が食べたいというわけでもないので、ワガママというよりマイペースなのが特徴です。

6: 親にたいしての責任感は人一倍

兄弟がいないひとりっ子は、親の老後を兄弟で助け合えるわけではないので、自分がしっかりしなきゃという意識がつねにあるのです。

7: 結婚相手の理想が高い

親の期待に応えたいという思いや、将来一人になったときのことを考え、結婚相手は慎重に選びます。一人遊びでよく妄想をしていたので、理想の未来像はばっちり描けていますが、現実にはなかなか理想通りの相手がいないのです……。ちょっと理想が高いのかも?

8: ヤキモチやきでプライドが高い

親からの愛情を一身に受け、おもちゃも独占できたひとりっ子。他人と共有するという発想がないので、ヤキモチは人一倍やきます。
いっぽうで、プライドが高いという特徴もあります。大人たちからちやほやされて育ってきたので、自分を大切にしてくれない相手なんて論外! あっさり別れを切り出します。

おっとりして独自の価値観をもっているひとりっ子。「ひとりっ子は甘やかされているから〜」なんて批判にも慣れっこで、マイペースに生きていく強さがあります。