心臓発作を起こしたキャリー・フィッシャー
 - Paul Archuleta / FilmMagic / Getty Images

写真拡大

 映画『スター・ウォーズ』シリーズでレイア・オーガナを演じた女優のキャリー・フィッシャー(60)が現地時間23日、搭乗中の航空機内で心臓発作を起こし病院に搬送されたとTMZ.comなどが報じた。

 同サイトによるとキャリーはイギリス・ロンドンからアメリカ・ロサンゼルスに向かうユナイテッド航空機に搭乗しており、到着の15分ほど前に発作を起こしたという。乗り合わせた看護師が救命措置を行い、ロサンゼルス国際空港に到着してすぐ地元のUCLAメディカル・センターに搬送された。現在、病院には娘のビリー・ロードら家族も到着し、容態を見守っているという。

 NBC News など複数メディアでは、キャリーが危険な状態にあったと報道。危機は脱したという情報もあるが詳細は明らかになっていないとしている。

 キャリーは昨年公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で30年ぶりにレイア姫を演じて話題を呼び、今年は来年公開予定の『スター・ウォーズ/エピソード8(仮題)』の撮影を終えたところだった。

 同シリーズでルーク・スカイウォーカーを演じるマーク・ハミルはTwitterで「2016年がこれ以上、悪い年にならないでくれ……僕たちの全ての愛をキャリー・フィッシャーに送るよ」とツイート。チューバッカ俳優のピーター・メイヒューも「僕の思いと祈りは、友人で大好きな姫と共にいるよ」とエール。『フォースの覚醒』でキャプテン・ファズマを演じたグウェンドリン・クリスティーも「世界中があなたに大きな愛と、銀河で最も強いフォースを送っているわ」とツイートするなど、多くの友人やファンたちから回復を祈る声が相次いでいる。(編集部・入倉功一)