ソフトバンクが10億ドルの出資を決めた「OneWeb」。地球を約700機の人工衛星で覆い、全世界にインターネットを提供する壮大な構想である Image Credit: Airbus D&S/OneWeb

写真拡大

 ソフトバンクグループ株式会社は12月19日、人工衛星を使って全世界に高速インターネットの提供を目指すベンチャー企業「OneWeb」に、10億米ドルを出資する、と発表した。OneWebの既存株主と合わせ、出資の総額は12億米ドルになり、これによってOneWebは、衛星を製造する工場の建設が促進されるとしている。

 OneWebという名前や、人工衛星を使ったインターネットと聞いても、あまり日本ではピンとこないかもしれない。しかしそこには、すべての人類の生活を大きく変えるかもしれない、無限の可能性が秘められている。

◆人工衛星を使って全世界にインターネットをもたらす

 OneWeb(ワンウェブ)は2012年に立ち上げられた企業で、人工衛星を使い、全世界に高速インターネット通信サービスを提供することを目指している。設立者はグレッグ・ワイラー氏という技術者・起業家である。

 人工衛星を使ったインターネット、というと、あまりピンとこない人が多いかもしれない。私たちは普段、自宅はもちろん、外出中や通勤・通学の電車の中でさえインターネットにつながった生活をしている。しかしそれが可能なのは、日本のように各家庭にブロードバンド回線が普及し、街中から山の中に至るまで電波が行き届いているような国に限ったことであり、世界中にはまだインターネットが届いていない地域がたくさんある。一説には、世界の人口約70億人のうち、30〜40億人はまだインターネットを使うことができないと言われている。

 ワイラー氏は、そうした「ディジタル・ディバイド(情報格差)」をなくし、世界中の人々にITの恩恵を与えたいという想いからOneWebを立ち上げた。

 しかし、世界中にインターネットを張り巡らせるということは、絶海の孤島からジャングルの奥地、南極や北極、あるいは情勢が不安定な場所にまで回線を引かねばならないということである。そのような場所すべてに、日本のようにいちいち回線を引くことは難しい。

 そこで使われるのが人工衛星である。しかも、ただ1機や2機打ち上げるのではなく、OneWebは地表から高度1200kmの地球低軌道に、少なくとも約700機もの小型人工衛星を打ち上げ、文字どおり地球を覆うように配備することを考えている。これにより、地球のどこでも空を見上げれば常に複数のOneWebの人工衛星が存在することになり、端末さえあれば、無人島だろうがジャングルの奥地だろうが、いつでもどこでもネットにつなぐことができる。

◆死屍累々の低軌道衛星通信

 地球の周囲の、比較的低い軌道に多数の人工衛星を配備し、全世界に通信網を構築しようというアイディアは、実は目新しいものではない。

 たとえば登山や海上の船からの電話手段として知られるイリジウム携帯電話は、実際に約70機もの人工衛星を使ってそのサービスが提供されている。同様のサービスは、グローバルスターやオーブコムといった企業も提供している。

 また1990年代には、マイクロソフトのビル・ゲイツ会長らが「テレデシック」という、880機もの衛星からなる衛星インターネット計画を立ち上げている。

 しかし、イリジウムは今も事業こそ続いているものの、設立直後には破産しており、グローバルスターやオーブコムも軒並み破産を経験している。そしてテレデシックも最終的には計画倒れに終わり、実現には至っていない。

 その理由はいくつかあるが、おおよそ共通しているのは人工衛星の開発や打ち上げにかかるコストが高いこと、また90年代以降、先進国で海底ケーブルやブロードバンド回線が爆発的に普及したことにより、衛星を使う意味が薄れたことなどがあった。

◆OneWebの勝算

 それでもワイラー氏がOneWebを立ち上げたのは、十分な勝算があってのことである。