<未婚・晩婚が社会問題化している。30〜40代の独身男性から悩み相談を受けてきた人間関係コンサルタントの木村隆志氏によれば、結婚したいなら「普通の人がいい」などと言わず、短所のどれかを引き受けることだ>

 未婚・晩婚は、日本社会を物語るキーワードとなった。結婚するか否かは個々人の選択であるにもかかわらず、日本の人口減少とも関わることから、社会問題と化している。高い生涯未婚率がニュースとなり、いまや自治体が婚活を支援する時代だ。

 これまでに5000人を超える30〜40代の独身男性から悩み相談を受けてきたという人間関係コンサルタント/コラムニストの木村隆志氏は、新刊『独身40男の歩き方』(CCCメディアハウス)でリアルなエピソードと具体的なノウハウを紹介。約260万人に上る日本の40代独身男性に向けて、人生を充実させるためのさまざまなヒントを提供している(目次はこちら)。

「これから恋愛・結婚をするもしないも『自由』。仕事、趣味、友人関係のどれに重点を置くかも『自由』。お金の使い方もファッションの選び方も、健康に対するスタンスも『自由』。そんな独身だから得られる数々の自由がある中で、どんな選択をしていくのか?」と、木村氏は「はじめに」で問いかける。

 ここでは本書から一部を抜粋し、5回に分けて掲載する。第4回は「第2章 恋愛と結婚」より。


『独身40男の歩き方』
 木村隆志 著
 CCCメディアハウス

※シリーズ第1回:40代未婚、不意に夢や子どもをあきらめる瞬間が訪れたら?
※シリーズ第2回:40代独身男性はスーツをどのように着ればダサくないか
※シリーズ第3回:SNS炎上、アイドル熱愛発覚、ペットロス......生きがいを失う男たち

◇ ◇ ◇

「ブス」「デブ」「年上」「性格に難アリ」「家事下手」"普通の子"とは結婚できない?


 婚活の相談者さんに、「どんな人と結婚したい?」と聞くと、驚くことに大半の人が「普通の子」と答える。次に多いのは、「好きになってもらえるなら、どういう人でも」という控えめな言葉。ただ、こう答える人も頭の中では同じように「普通の子がいい」と思っている。いずれにしても、「普通でいいなんて、謙虚でいいんじゃない?」と思いがちだが、決してそんなことはない。

 彼らは女性が集まる場に行くと、けっきょく美しさと若さを優先するからだ。しかし、振り向いてもらえないから、「やっぱり普通の子」と思い直す。とはいえ、周りを見渡しても、どこへ行っても、「普通の子がなかなかいない」ことにはなかなか気づけない。40代の独身男性が、「普通の見た目で、普通の年齢で、普通の性格で、普通に家事ができる」独身女性と出会える可能性なんて、限りなくゼロに近いのだ。

 夫婦生活で最も求められるのはバランスの良さであり、何かが秀でていても、何かが大きく欠落している人との生活は、不満が募り、我慢を強いられる。つまり、"普通"を併せ持っているだけで、その女性は結婚相手に選ばれやすくなるのだ。裏を返せば、「見た目、年齢、性格、家事能力のうち1つ以上に難があるから、その女性は独身」とも言える。

 あなたに求められているのは、「普通の人がいい」などと言わず、「ブス」「デブ」「年上」「性格に難アリ」「家事下手」のどれなら引き受けられるか? という潔い選択。もしこれらの短所があったとしても、「普通以下」とみなしてシャットアウトしないことが大切なのだ。

【参考記事】生涯未婚率は職業によってこんなに違う

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部