3位の「ネオン・デーモン」 (C)2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch

写真拡大

 フランスの権威ある映画批評誌カイエ・デュ・シネマが、2016年の映画ベスト10を発表した。

 第1位に選ばれたのは、ドイツのマーレン・アーデ監督作「Toni Erdmann(原題)」。キャリアウーマンの娘(ザンドラ・ヒュラー)と、空気を読まないいたずら好きの元音楽教師の父親(ペーター・ジモニシェック)の関係を描いたドラメディだ。

 今年のカンヌ映画祭で評判を呼んだものの、大方の予想を裏切って無冠に終わった作品だが、先日発表された第29回ヨーロッパ映画賞ではヨーロッパ最優秀作品に与えられるヨーロッパ作品賞と同監督賞、脚本賞、男優賞、女優賞の主要5部門を制した。また、アカデミー賞外国語映画賞のドイツ代表でもあり、これまでの賞レースを見るかぎり、最有力候補の1作となっている。

 ベスト10は以下の通り。

1.「Toni Erdmann(原題)」(マーレン・アーデ監督)
2.「エル(原題)」(ポール・バーホーベン監督)
3.「ネオン・デーモン」(ニコラス・ウィンディング・レフン監督)
4.「アクエリアス」(クレベール・メンドンサ・フィリオ監督)
5.「Ma Loute(原題)」(ブリュノ・デュモン監督)
6.「ジュリエッタ」(ペドロ・アルモドバル監督)
7.「Rester Vertical(原題)」(アラン・ギロディ監督)
8.「La Loi de la jungle(原題)」(アントナン・ペレジャトコ監督)
9.「キャロル」(トッド・ヘインズ監督)
10.「Le bois dont les reves sont faits(原題)」(クレア・シモン監督)