ヌード流出で米女優「犯人はクソくらえ」

写真拡大

米女優ルーシー・ヘイル(27歳)のスマートフォンがハッキングされ、ヌード写真が流出した。“ティーン版「デスパレートな妻たち」”とも呼ばれるドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ」でおなじみのルーシーは12月21日、ハッカーによって上半身裸の写真がネット上に流出する被害に遭っていたが、その犯人たちを強く批判するコメントを22日にツイッターに投稿した。

自身のスマホに打ち込んだメッセージのイメージを投稿したルーシーは、そこに「こんなに馬鹿げたことにコメントをする気はなかったけど、2017年は真実を語る年にしようと思っていたところだから……何か言うことにするわ」「注目される1人の女性がまた暴行を受け、盗みを冒され、私生活と体が全ての人の目にさらされた。私は自分の生活に何か謝罪する気はないし、全て自分のものである私生活を持つことにもね」「こんな形でひけらかされることが許されるなんて本当に残念なこと。みんなからの優しい応援のメッセージに感謝しているわ。これほどの愛情に囲まれているんだって思い出すことはすごく必要だったから。みんなにすごく感謝している。そしてこんなことをしたやつら…クソくらえよ」とつづっている。

犯人をこう批判する一方で、ルーシーは弁護士のマーティ・シンガーを雇い、写真を流出した犯人たちへのメッセージをすでに送っている。米ゴシップサイト・TMZ.comによると、手紙の中でシンガー氏は「ルーシーがあの写真の所有者であり、あの写真はある友人に向けたものであり、彼女のスマホをハッキングする人への物ではないと断言しています」としている。

23日の時点で、すでに流出写真はネット上から削除されており、フォトショップ加工が加えられた写真に置き換えられていると報じられている。

ハッキング被害に遭ったセレブはルーシーが初めてではなく、今年にはエマ・ワトソンも法的手段を取っていたほか、過去にはスカーレット・ヨハンソン、ガブリエル・ユニオン、ケイト・アプトン、レスリー・ジョーンズなども被害に遭っている。