「ニッポンアニメ100」関連番組に出演する
DAIGO、上川隆也、松村沙友理(乃木坂46)

写真拡大

 日本で初めてアニメーション映画が公開された1917年から100周年を迎えることを記念し、2017年1〜2月にBSプレミアムで「ニッポンアニメ100」と題した特別番組が放送される。

 「ニッポンアニメ100」としては3番組の放送が決定しており、1月8日には「視聴者投票スタート! アニメ100人くらいに聞きました」がオンエア。アニメ好きで知られ、「天元突破グレンラガン」では声優も務めた俳優・上川隆也と、「カミワザ・ワンダ」の主題歌を担当するアーティストのDAIGOが出演するほか、生駒里奈(乃木坂46)、川合俊一、西川貴教、バカリズム、羽田圭介、雛形あきこ、養老孟司といった各界の著名人100人にインタビューを敢行。さまざまなアニメの名シーンも交えながら、100年の歴史を振り返る。

 28日には「クリエーターたちのDNA 〜ニッポンアニメ100年史〜」が放送される。アイドルグループ「乃木坂46」の松村沙友理が番組ナビゲーターを務め、100年の系譜をたどりながら歴史に残る名作の数々を作り上げてきたクリエイターにスポットを当て、世界に誇る日本アニメの魅力に迫っていく。クリエイターインタビューには「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」の押井守、「タイムボカンシリーズ」の笹川ひろし、「ルパン三世」の杉井ギサブロー、「龍の歯医者」の鶴巻和哉、「機動戦士ガンダム」の富野由悠季、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の長井龍雪といった、名だたるアニメ監督たちが出演する。

 なお、番組の特設サイトがオープンしており、これまで日本国内で制作されてきた約1万もの作品のなかから、関連楽曲を選ぶ「ベスト・アニソン100」のWeb投票を受け付けている。作品を選ぶ「ベスト・アニメ100」も、17年1月8日から投票をスタートする。このほか、特設サイトでは、アニメ・特撮研究家の氷川竜介氏による、アニメーションの歴史を紐解くコラム「氷川竜介のアニメ100年史」が掲載されている。

 さらに、投票で選ばれたアニメソング100曲を、ライブとともにカウントダウン形式で発表する「カウントダウンLIVE アニソン ベスト100!」が2月18日に放送される。出演者などの詳細は後日発表予定。