美食都市・東京にはレストランや飲食店があふれているが、写真を見てすぐさま「ここ、食べに行きたい!」と脳に直接訴えかけてくる「うに」の魅力にはあらがえない。

年納めに足を運んでほしい、太鼓判の店を一挙ご紹介しよう!



圧倒的インパクトの箱うにが頂けるのが、1940年(昭和15年)創業の老舗居酒屋『はれたりくもったり』。「箱うにの手巻き寿司」を目当てに訪れる人が絶えない。

新橋という気取らない街にある店だが、いい品質の箱うにをコスパよく味わえ、こんなお得な店があったのかと驚くこと間違いなし!



席に「箱うに」が運ばれて来た瞬間に歓声があがること間違いなし
生うに盛り放題の贅沢手巻きは予約してでも絶対食べるべき

まずは「箱うにの手巻き寿司」の魅力に迫りたい。「箱うにの手巻き寿司」とは、その名の通り箱うにから自分で好きなだけうにを盛り、手巻きにして食べられるという魚卵好きには堪らない一品である。

もはや説明するまでもないが…その贅沢手巻きの楽しみ方を紹介しよう。



「箱うにの手巻き寿司」(3〜4名分¥3,000〜4,000)※値段は相場により変動あり/1日前までに要予約

その日の朝、築地で仕入れる新鮮なうには、鮮度抜群でプリプリとした食感。海苔にご飯をのせたら、あとは箱から好きなだけうにを盛るだけ!

ご飯の上に、どんどんうにをのせていけるという高揚感は、なにものにも代えがたい。『はれたりくもったり』だからこそ味わえる楽しさである。

うにを「これでもか!」と巻いた手巻きはそのまま食べてうにの旨みを堪能するもよし、醤油、わさびを付けて味わうもよし。好みの食べ方で頬張ろう。

口の中いっぱいにうにの香りが広がり、食べた瞬間に次の手巻きの準備に入りたくなるはずである。


生うにが1箱以上てんこ盛りに乗っている最高のうにパスタはココ!



豪快で素材の旨みが抜群!このど迫力の「北海道産生うにのパスタ」が頂けるのは、築地のビストロ『ウオカメ』である。

もはやパスタがほぼ隠れてしまうほど、うにがふんだんにのったパスタは築地のプロが手がける店だからこその逸品だという。

「うにそのものを食べているようなパスタにしたい」というお店の想いが込められた一皿を堪能しよう!



ふんだんに使用される北海道産の生うに!
食べても食べてもうにが減らない! 最後のひと口までうに三昧

まずは「北海道産生うにのパスタ」のおいしさの訳に迫ろう。提供をはじめた頃は、現在の3分の1ほどのうにの量だったが、「うにを食べているようなパスタにしたい」というスタッフの意見を取り入れ、現在の量まで増やしていったという。

そんな想いからこの迫力のうにパスタが誕生。今では多くの人がこのパスタを求めて来店するそうだ。



うにを食べているようなパスタがココに実現!

作り方を伺うと「鶏のブイヨンを詰め、トマトソースと合わせます。そこにアンチョビと生のり、潰したうにを加え最後に生クリームを加えて完成させています」とシェフ。

パスタはうにとの相性を考えて、淡路島にあるパスタ製麺所から仕入れる生パスタを使用。北海道奥尻島産のうにのプリプリとした食感と、生パスタのもちもち食感が絶妙にマッチしている。

また、ソースに加えられている静岡産の生のりもいい仕事ぶりである。ふわっと爽やかに香る磯の香りが、トマトソースの酸味が濃厚なうにでも、どんどん箸を進ませてくれる。


うにいくらがてんこ盛りの、宝石箱のように美しすぎる贅沢丼ならココだ!


これは史上最強の贅沢丼ではないだろうか。うにといくらがふんだんに入った、その名も「海の卵かけごはん」。

旨い酒と肴で、しっとりと楽しみたい……。そんな気分のときにはぴったりな、高級食材を使用しているのにコスパがいい名店をご紹介しよう。



うにとイクラ、卵の上にはキャビアまで!「海の卵かけごはん」
もはや宝石よりも美しい…輝く魚卵に喉が鳴る!

多数のメディアでも紹介され、著名人や食通も通う麻布十番の名店『十番右京』。その魅力は、箸を休める暇がないほど贅沢で、美しい料理の数々である。

まず紹介したいのは「海の卵かけごはん」だ。食べるのを躊躇してしまいそうなほどの美しさはまさに「宝石」。うに、イクラ、上品に盛られたキャビアという3種の魚卵を贅沢に使用している。

「卵の下に特製のタレがかかっているので、卵を潰し、よく混ぜて召し上がってください」とおすすめの食べ方を教えてくれたのはオーナー・岡田右京氏。



混ぜる前に少しうにやイクラをつまみつつ酒をたしなむのもいいだろう

覚悟を決め岡田氏の薦め通り豪快に卵を混ぜていく。卵の下に隠れた秘伝のタレと、魚卵の生み出す旨みがご飯全体に行きわたったら、食べ時だ。

うに、イクラの両方を一気に口に運び、その旨さを噛みしめて欲しい。あっさりとしていて食べやすくお酒の〆に味わう一品に最適の仕上がりになっている。

名物「トリュフたまごかけご飯」に次ぐ人気メニュー「海のたまごかけご飯」が考案されたのは1年ほど前のこと。

常連さんから「トリュフたまごかけご飯」以外のご飯ものが食べてみたいという声が挙がったことをきっかけに、岡田氏も好物である魚卵を贅沢に使った丼を完成させたという。



「いくら/うに/キャビア おちょこ丼 3個セット」
まだまだ魚卵尽くしは終わらない!

やはり魚卵の味をもっとダイレクトに味わいたいという人におすすめなのが「イクラ/うに/キャビア おちょこ丼 3個セット」だ。注目したいのはキャビア丼。

ただキャビアをのせているだけではなく、キャビアの塩気に合うよう海苔が混ぜ込まれており、磯の香りが喉を通る頃にふわりと抜けていく。

岡田氏のこだわりは、塩イクラを使用するところ。これは「海の宝石たまごかけご飯」のイクラも同様だ。醤油漬けのイクラよりもねっとりとしていて、食べ応えがありお酒のあてにもなるイクラ丼と言えるだろう。


うにを握りで食べ比べできる寿司の名店といえばココだ!


うに好きなら、うにの寿司は軍艦ではなく海苔なしの握りで味わいたいもの。

極上の生うにを、惜しみなく4〜5種類も握りで食べ比べができる、うに好き必見の寿司店があるのだ。この贅沢、なんとしてでも体験すべし!



左から北海道天売島産バフンウニ、福岡産赤ウニ、利尻島産ムラサキウニ、唐津産赤ウニ、熊本産赤ウニ。壮観の光景!
うに好きが押し寄せる実力派寿司店を中目黒に発見!

極上のうにを、数種類食べ比べる…そんな夢のような寿司店が、中目黒にある。グルメの間ではつとに知られる名店『鮨 尚充(たかみつ)』だ。明るい笑顔で出迎えてくれたのは、ねじり鉢巻き姿が粋な店主の安田尚充氏。

入荷しているうにを聞くと、最高級天売島産バフンウニ(巨大!)をはじめ、北海道産から九州産までがずらり8種も登場!

「ちょっとしたうにパーティですね(笑)。仕入れのときいいものを見つけると、どうしても買ってしまう性分で…気付いたらこんなに」と安田氏が笑う。



つまみには、北海道余市産のバフンウニと福岡産の赤ウニの2種が登場。手前はとろけるような食感の宍道湖産天然ウナギ

こちらの店の「おまかせ」コースは、握りとつまみが交互に登場するスタイルだ。普段からうには握りとつまみ、それぞれ2種ずつ登場するという。それだけですでに4種が味わえる!。

だが、安田氏曰く「リクエストすればもっと出てきますよ(笑)」。というわけで、この日は握り5種を贅沢にも並べてもらった。



大きさも味わいもさまざま。中央右の天売島産のうには、もはや専用の白木の箱(安田氏曰く“うにの部屋”)に収まらない大きさ
原価率が心配になるほど極上ネタが次々! 予約困難なのも納得

握りを頬張る。…言葉が出ないとはこのこと。とろける食感とともに、濃厚な磯の香りと甘みが口の中に押し寄せる。

臭みは一切ない。これ、相当にいいネタなのでは…。「正直、うにの仕入れ額は半端ないです。1箱5万円とかするものもありますから」。

聞けばこのうに握り、単品注文すれば1貫1,500円超え。しかし「おまかせ」コースなら、握りとつまみ全30品ほどが登場する中で、うにが数種類食べ比べられるのだ。



ほれぼれするくらい美しい佇まい。表面の粒がひとつひとつしっかりと際立つ様子に、質のよさが伝わってくる
いざ! 他店ではできない豪華うにの食べ比べ、そのお味は?

さて、早速気になる食べ比べだ。この日の中で、もっとも手に入りづらい希少な天売島産のものは、バフンウニ。強い甘み、ほどよいコクとあっさりとした後味が特徴だ。

鮮やかなオレンジ色が食欲をそそるムラサキウニは、クリーミーで磯の香りが豊か。九州西岸産の希少な赤ウニは、小ぶりな見た目に反して濃厚な味わい。

さらに同じ品種のうにでも、産地によっておもしろいほど味が違う。「さすがに冬場は北海道産しか手に入らなくなります」と安田氏。

これだけのバリエーションのうにが味わえるのも、この店だからこそ可能といえるだろう。


東京駅からすぐ、長蛇の行列が絶えない大人気の海鮮丼といえばココだ!



「ぜいたく丼(松)」
山のようなうに!見ためもフォトジェニックで味は絶品の『つじ半』の「ぜいたく丼」

ひとめで圧倒的に美味しさが伝わるビジュアルだ! 『つじ半』の「ぜいたく丼」は、出てきた瞬間、その迫力に誰もが驚くだろう。

どんぶりの上に山のように盛られたベースとなる海鮮は、中落ち、生マグロ、ツブ貝、ミル貝、いか、いくら、かずのこ、キュウリ、ボタン海老の9種類。

築地で仕入れる鮮魚は、北海道産を中心に使用している。そこにいくらを増量しカニを加えたのが竹。竹の具材にいくらとうにをプラスしたのが松となる。松になると、いくらの含有量は梅の3倍近くにもなるという。



ぷりぷりのうにと、いくらを贅沢に使用している。

こちらの『つじ半』とは、天丼の人気店『金子半之助』とつけ麺の名店『つじ田』とのコラボによって、誕生した海鮮丼の専門店だ。

このコラボが実現したのは、お互いの店主が幼少期からの幼なじみだったことがきっかけ。『金子半之助』の店主の祖父と父が、日本料理店を経営しており、その店でまかないとして出していたのが海鮮丼だった。

その海鮮丼が「ぜいたく丼」の原点となっているという。その「ぜいたく丼」を求めて、連日行列ができるほど多くの人が訪れるのだ。



「おいしい召し上がり方」はあくまで一例。自分好みの食べ方を見つけるのも楽しい。
こだわり抜いた食感の楽しさがどんどん箸を進ませる!

『つじ半』では全ての具を混ぜ合わせてご飯の上にのせている。混ぜ合わせることで、9種の魚介の歯ごたえを口の中でいっぺんに楽しめるのだ。特に、貝類がもたらすコリッとした食感はいいアクセントに。時折感じるシャキッとしたキュウリの歯ごたえも爽やかさを演出してくれている。

またご飯の上にかけられた、ゴマの香りも食欲を後押ししてくれる。「焦げるギリギリのラインまでお店で煎っているので、香りが立つんですよ」と石川氏。細部にまでこだわる仕事ぶりに感謝したくなる。

席につくと目にとまるのが「おいしい召し上がり方」というプレートが。『つじ半』には、お店がおすすめする食べ方があるのだ。早速、この通りの食べ方で「ぜいたく丼」を味わってみた。



丼に添えられた海苔や大葉を巻きつつ食べるのもおすすめだ。

まずは黄身醤油をまわしかけ、夢中で頬張る!添えられた海苔に海鮮を巻いて食べてみるものいい。

その後に少し残して店員さんにひとこえかけ、鯛で取った熱々の出汁をかければ、海鮮ひつまぶし風に変化!

食べ進める毎に、さまざまな食感と味と出会えるので、かなりのボリュームでありながら最後まで新鮮な気持ちで食べられる。一度は食べたい絶品「ぜいたく丼」である。


築地で仕入れた2種類のうにを食べ比べできる店といえばココだ!


うにが大好きだけど、うにグルメが味わえる店って本格的なイタリアンとか高価な和食屋さんばかりで、なかなか手が出ない…。そんな人におすすめの、カジュアルに絶品うにが味わえる店を発見!

渋谷に構える『Banks cafe & dining』では、オーナー自らが毎朝築地で仕入れる新鮮なうにを贅沢に使用した人気のパスタメニューがあるという。今回はその「生ウニのパスタ」をご紹介しよう!



大人気メニューの生ウニの生パスタ¥2,200(税抜)というのがこれだ!
2種のうにが贅沢にのる絶品パスタ!「生ウニのパスタ」

渋谷に構える『Banks cafe & dining』は、イタリアンをベースに時間帯毎に異なる表情のメニューを楽しむことができるハイブリッドなカフェ&ダイニング。 ここで味わえるのがこの「生ウニのパスタ」である。

仕入れ状況によっては1種類のときもあるのだが、この日は運が良いことに2種類のうにをご用意いただいた。濃いオレンジ色が函館産バフンウニ、淡い黄色が利尻産ムラサキウニだ。

ソースのトマトクリームにもうにがふんだんに使われている。パスタの上にのっているうにと同量を使用し、見た目の倍のうにが使用されているため、濃厚な味わいを口いっぱいに感じられる。



濃厚で甘味の強いバフンウニ

淡白で上品な甘味のムラサキウニ

早速、ひと口いただいてみるとうにの濃厚な旨味とトマトソースのほんのりと効いた酸味が絶妙なハーモニーを奏でてたまらない味わいが口の中いっぱいに広がる。

また、バフンウニの濃厚で力強い甘味とムラサキウニの淡白で上品な甘味が同時に味わえるのもこのメニューだからこそだ。寿司屋でもそうそうできないうにの食べ比べが同店では簡単に楽しめてしまうのである。

店構えはカジュアルで入りやすく、味は絶品なのがうれしい!


うにパスタ、うにご飯なら、他にはこんな店もオススメ



『イタリア料理 HirraRi』の生うにのアンチョビソースリングイネ
古き良き郷土料理を 『イタリア料理 HirraRi』

一軒家を改装したレストランを駅から離れた住宅街の路地裏で。そのスタイルを20年前、いち早く打ち出した『イタリア料理 ヒラーリ』には、時を経た温もりが溢れ、年々居心地の良い雰囲気に。

現シェフの原康之氏も店の伝統に倣い、クラシカルで骨太な郷土料理を提供する。生うにのほか、ずわい蟹や大ぶりの蛤など旬の素材を使った店自慢のパスタはアラカルトで。




土鍋で旬の美味を頂ける和食の名店
うにの土鍋ご飯といえばこの店!『日本料理・炭火焼 いふう』

中目黒にある『日本料理・炭火焼 いふう』は、土鍋でうにご飯が頂ける人気店だ。うにの土鍋ご飯といえば、この店を思い浮かべる人も多いかもしれない。

土鍋の蓋を開けたらうにとお米の香りがフワ〜っと立ち込め、食欲を刺激する。米の一粒一粒に雲丹の旨味がしみて、たまらない美味しさ。お店で食べきれないとおにぎりにして持ち帰りできるのも嬉しいポイントだ。

また、四季折々の食材を職人の技術で創作する日本料理が楽しめる。おまかせのコースをお願いすれば、旬の魚や野菜を使った、じんわりと美味しさが身体に染み込むような和の美味を味わえる。

落ち着いた空間でじっくり和食と向き合えば、日本人に生まれてよかった!と、きっと感動できる名店だ。