「新人内さまライブ チャンピオン大会2016」で優勝したマツモトクラブ

写真拡大

「新人内さまライブ チャンピオン大会2016」が東京・新宿の新宿グローブ座で行われ、17組の若手芸人が優勝を目指して熱い戦いを繰り広げた。

【写真を見る】ゲストMCについて「僕みたいなおとなしい人間がやったらどうなるんだろう」と不安を口に

本大会は「内村さまぁ〜ず」(毎週月曜夜11:30-0:00ほか、TOKYO MXほか)のゲストMC出演権を賭け、ことし2月〜11月に開催された月間ライブで優勝した芸人と観客の投票獲得数ポイントで上位の芸人が出場。昨年の優勝者・インデペンデンスデイをはじめ、しゃもじ、ペンギンズ、マツモトクラブ、わらふぢなるお、マッハスピード豪速球らが競い合った。

MCの内村光良、さまぁ〜ず(大竹一樹、三村マサカズ)と観客の投票により、いつもより下ネタを多めに取り入れたネタを披露したマツモトクラブが初優勝。マツモトクラブは、’17年3月27日(月)配信の「内村さまぁ〜ず」の出演権を獲得した。「『R-1ぐらんぷり』での優勝を引っ提げて、(「内村さまぁ〜ず」に)行きたいです!」と意気込んだ。

大会終了後、囲み取材に応じたマツモトクラブは、「今回は4回目のチャンピオン大会でした。毎月やっていたライブの中で自分は優勝回数が多い方だったので、ずっと『優勝するんじゃないか』と期待されていましたが、これまでの3回ずっと駄目でした。いつも11月くらいから出てきた人が優勝する傾向があって、今回でいうとペンギンズさんですね。11月に(ライブに)初出場して、初優勝だったんです。だから、これはまたそのパターンになるかなと。ペンギンズさんが優勝したら悔しいなと思っていたら、優勝できて。すごくしてやったりだな(笑)」と喜びをかみしめた。