極秘作戦、成功ね。 - マーゴット・ロビー&トム・アッカレー
 - James Devaney / GC Images / Getty Images

写真拡大

 映画『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役で注目された女優マーゴット・ロビーが、交際して3年になる英監督トム・アッカレーと、オーストラリアのゴールドコーストで結婚式を挙げたという。

 友人は豪 Women’s Day に「彼女はいつかゴールドコーストで結婚したいと思っていました。彼女が育った祖父母の農場がある場所ですから」とコメントしている。

 招待客は結婚式を極秘にするように言われ、マーゴットの望み通り、場所はばれなかったそう。「トムは当初、イギリスで結婚式を挙げたかったのですが、マーゴットが母国で結婚したいのを知っていたので、素直に同意しました。クリスマス近くに結婚することで、両方の家族と一緒に休暇を過ごせると考えたんです」と関係者は語っている。

 マーゴットとトムは今夏に婚約したが、それも秘密にしておくことに成功したようだ。結婚式にはマーゴットの兄弟ラクランとキャメロン、姉妹のアーニャも出席。父親ダグとは疎遠のため、母親サリーがマーゴットをエスコートしたものと思われる。キャメロンは12月16日(現地時間)に飛行機で家族の元に向かっていたことをInstagramで報告。機内では子供がうるさかったのか、将来的に子供を持つかどうかは選びたいという内容になっている。

 マーゴットとトムは、映画『フランス組曲』の撮影で知り合い、ロンドンで一緒に暮らしている。二人がうまくいっている秘訣は、お互いにオープンだからと以前にコメント。「いろいろな経験をして、傷つくと、自然と自分の周りに壁を築いてしまう。多くの人がそう。コツは、それまでの恋愛から学んで、より強くなること。そうすればもっとオープンになって自分をさらけ出せるようになる」と語っている。(BANG Media International)