ももいろクローバーZが知育番組に出演

写真拡大

 アイドルグループ「ももいろクローバーZ」が出演する子供向け知育番組「ぐーちょきぱーてぃー」が、2017年2月から動画配信サービスHuluで独占配信される。

 12月23日に千葉・幕張メッセで開催されたライブ「ももいろクリスマス2016 真冬のサンサンサマータイム」で製作発表された本番組は、「ももいろクローバーZ」が新プロジェクトユニット「ももくろちゃんZ」として活動を始める第1弾の企画。全国の子どもたちに笑顔と元気を届けることをコンセプトにしており、「ももいろクローバーZ」のメンバーが歌やダンスを通じて、学ぶことの楽しさを教えてくれる。

 また、TV番組「おかあさんといっしょ」で“10代目たいそうのおにいさん”を務めた佐藤弘道と創作あそび作家・谷口國博によるユニット「ひろみち&たにぞう」がテーマソングのプロデュースと番組監修に参加することが決定。番組の詳細は未定だが、アニメやパペット、ゲームなど子供たちが喜ぶコーナーが盛りだくさんになる予定だ。

 公式YouTube(https://youtu.be/D5sS8GFCv3c)では、「ももいろクローバーZ」のメンバーによるコメント動画が公開中。「今までのももクロとは全然違うキャラ」で番組づくりに臨んだことを明かし、さらにメンバーも参加した製作会議の光景が映し出されている。

 「ぐーちょきぱーてぃー」は、17年2月から隔週でHulu独占配信開始。