男性が、好意を寄せる女性の前でついついやってしまう行動や仕草について迫ってみようと思います。気になる男性があなたを前にしてこのような行動をしていたら……もしかして、両想いの可能性が高いかもしれません! それではさっそく見ていきましょう。

とにかくアピールをしまくる

・「自分がどんなに誠実で、どんなにイイ男なのかってことをひたすらアピールする」(20代/男性)

・「付き合ったらイイことだらけなんだろうな〜って連想をさせるためにどんどん売り込むよ!」(20代/男性)

▽ 少しでも気を引こうとする健気な努力だったんですね。「この人、自慢ばかりしてきてウザい」なんて思ったらかわいそうです。

失敗話や欠点に関して話し出す

・「好きなコには、すべてを知ってほしいから」(20代/男性)

・「たまに見せる弱さで母性本能を刺激するといいって聞いたことがあるから。」(20代/男性)

▽ 包み隠さずありのままの自分をちょっとずつ出し、あわよくば相談話を持ちかけて、会う回数と親密度を増す作戦。むむ、なかなかの頭脳派じゃないですか!

急に無口になる

・「もっと好きなコの話を聞いていたい!」(20代/男性)

・「意識し出すとなにを話したらいいのか、むしろ今までなにを話していたのかさえわからなくなる」(20代/男性)

▽ 男性は好きな女性の前だと、あまりしゃべらなくなる傾向があるようです。逆に意識していない女性の前ではよくしゃべるということなので、そのあたりを「好きの指標」にしてみてもいいのかもしれませんね。

よく目が合う

・「ついつい目で追っちゃう」(20代/男性)

・「どうしても見つめちゃうよね。これで相手にも(少しでも)意識してもらえたら嬉しいんだけどな」(30代/男性)

▽ 私たち女性も、好きな人のことはついつい目で追っちゃいますよね。それは男性だって同じなんです。

ちょっとした約束や話までも覚えている

・「好きなコの発言は忘れない」(30代/男性)

▽ 話の流れでなんとなく話した(かも)程度の内容までしっかり覚えていてくれたなら、もうこれは脈ありの確立がグンっと跳ね上がります!
でもこの時点では、ただ単に物覚えがよすぎる人である可能性も捨てきれないので、誰の話でも同じように詳細に覚えているのかに関しては確認をしてみた方がいいかもしれませんね。

聞いてもいないのに今フリーですよと伝えてくる

・「彼女がいないってことは絶対に伝えておかないと!」(20代/男性)

▽ “じゃあ私が立候補してもいいのかな?”と思わせたいんだそうです。

こんな行動をする男性が、もし皆さまのまわりにいるなら――きっとその彼はあなたに好意を寄せているといえるでしょう。