思わず胸キュン!男性がされたい冬ならではのスキンシップ

写真拡大



寒さがグングン増してきて、カレとデートをするにもオシャレと防寒を意識しなければならない季節になりました。寒さが苦手な人は、この時期はできるだけ暖かいところでデートをしたいですよね。しかし、寒いからこそカレをキュンとさせられるスキンシップがあるんです!

そこで今回は、10代から20代の男性を対象に「冬デートでされたいスキンシップ」をご紹介します!

■1.手を繋ぐ

「普段、彼女とは手を繋がないんですが冬のデートのとき俺の手を突然握ってきました。手が触れ合って温かかったし、寒い日は手繋いでデートするのもいいなって思いましたね」(21歳/大学生)

みなさんは、カレとデートをするときに手を繋ぎますか?もしあまり手を繋ぐ機会がないのであれば、思い切ってカレの手を握ってみましょう!ベタベタするのが苦手なカレも、彼女から『手、あっためて!』と言われれば断れないはずですよ。

低い気温で冷えた手を重ねていると、お互いの体温がじんわり伝わってきて、きっと。

■2.上着ポケットをシェア

「彼女が僕の上着のポケットに手を入れて手袋がわりにしてくるんですが、実はすごく嬉しいです!『やめろよ〜』とか言いますけど、完全に照れ隠しです」(20歳/専門学生)

手の防寒といえば手袋ですが、分厚い手袋で手を覆ってしまったり、自分の服のポケットに両手を突っ込んでしまったのでは可愛げがありません。せっかくのデートですから、カレの上着のポケットを借りてみてはいかがでしょうか?

カレと手を繋いだままポケットをシェアするのもオススメ。ポケットの中からカレをくすぐってみたり、冬しかできないイチャイチャを楽しんでくださいね。

■3.フードの裏に手を入れる

「フードと背中の間に両手を入れて暖をとられると、彼女の手の冷たさが生地越しに伝わってきてドキドキしてきます」(25歳/小売り)

直接触れ合っているワケではないのに、触れるだけで男性をドキドキさせられる場所が「フードの裏」。

フードと背中の間は生地が何重にも重なっており、熱がこもるため温かいんです。カレの肌に直接触れる勇気がでない人も、カレがフード付きの洋服を着ていたらぜひ触れてみてくださいね。

■4.冷たい手で触れる

「冬になると、彼女が冷たい手でいきなり触ってきて驚かせてきます。飽きずに何度もしてくるところが可愛いです。何回でもしてくれ!」(18歳/高校生)

イタズラのようなスキンシップですが、彼女からされれば怒りよりも嬉しさが勝る男性が多いようです。カレをビックリさせるには、うなじなど体温が高めのパーツのが効果的ですよ。

ただし、男性の中にはこのスキンシップがどうしても好きになれない人もいます。カレに本気で嫌がられたら、違うスキンシップを図るようにしましょうね。

■おわりに

寒い時期だからこそカレをキュンとさせられるスキンシップ。ぜひカレとのデートの際に実践してみてください。ふたりそろって寒さを忘れられるような、素敵なデートにしてくださいね。(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)(島村遥/モデル)(柳内良仁/カメラマン)