大好きな彼がいるのにささいなことでよくケンカしたり、恋愛が続かない、愛されてる実感がない……そう感じる女性も少なくないですよね。無意識に求めるばかりになってしまって、与えること忘れていませんか? 大好きな彼と長続きする方法を6つ紹介します。

1: お互いに自立する

恋愛で共依存してはいませんか? たとえば、「お互いにいつもなにしているか気になる」「常に連絡をとらないと不安になる」「仕事するよりも一緒にいたい」「お互い異性と話もするのが嫌」――など共依存してしまうとお互い一緒にいないとなにもできなくなります。「自立する」というのは、お互いの趣味ややりたいことを喜んで応援してあげたり、自分の趣味や人間関係や仕事も大切にする。自分の時間も彼と一緒にいる時間も楽しむことです。

2: 感謝の気持ちを伝える

当たり前と思っていることって、どうしても言葉にするのを忘れてしまいますよね。でも「ありがとう」は、大好きな彼にこそ忘れずに伝えましょう。男性は、女性が喜ぶのが大好きです。表には出さないかもしれませんが、内心はとても誇らしい気持ちになっているはず。どんな小さなことでも「ありがとう」と笑顔で言う習慣をつけましょう。

3: 褒めたり、「好き」を伝える

女性は「愛されたい生き物」「認められたい生き物」。男性も同じですが、男性の場合はプライドが邪魔して、素直に「褒めて〜」と言えないことが多いようです。彼を1番近くで見ている彼女なら、彼がどんなことで頑張っていて、どんなことが得意なのかもよく知っているでしょうから、そのポイントを見つけては褒めてあげてください。
大好きな気持ちも同じです。毎日言うものではないのかもしれませんが、男性はとても喜びます。「あなたが私の彼氏/旦那さんで幸せだよ! 大好き」と伝えるととても喜ぶはずです。逆の立場なら、そう言われると嬉しくなりますよね。

4: スキンシップをたくさんする

スキンシップは、SEXだけではありません。手をつないだり、ハグしたり、マッサージしてあげたり――とにかく相手に優しく触れることです。仕事でストレスが多い社会人には、SEXする気力が毎日あるわけでもないので、ただ寄り添ってあげたり、頭を撫でてあげるだけでも男性は癒やされます。

5: 笑顔でいること

女性の笑顔は、男性にとって究極の癒やしだそうです。同性から見ても笑ってる女性ってかわいいし、近づきたくなりませんか? 「笑顔でいる」と言っても無理に笑うという意味ではありません。自分が楽しく、気分よい状態でいることがポイントです。女性が笑顔でいるだけで不思議とケンカも減ります。

6: 相手を認める

相手の嫌なところやダメな部分があると、それを変えようとしていませんか? 相手を変えるというのは、とても難しいことです。本人が自覚して「変わろう!」という気にならないと変わらないことがほとんどです。
それなら、どうするのがいいのでしょうか? それは、相手を認めることです(もちろん、DVや浮気や女性を傷つけるような悪い部分を持った男性は、認める以前の問題なので例外です)。相手を認めるというのは、「彼は彼」「自分は自分」と、互いを独立した存在として受け入れること。そうすることで気が少し楽になります。

男女の付き合い方は、とても難しいですよね。でも違う人間同士なので、違いがたくさんあるのは当然のこと。お互いの人間性や価値観、生活スタイルを認めて許容していくと、うまくいくと思います。相手に見返りを求めずやっていくうち、相手も同じようにあなたに接してくれると思います。