パレスチナ自治区ガザでコカ・コーラ工場が操業開始 雇用創出へ

ざっくり言うと

  • パレスチナ自治区ガザで、コカ・コーラ工場が操業を開始した
  • 失業率は42%といい、工場新設により大規模な雇用創出が期待されている
  • 若年層の失業は特に深刻で、30歳未満の失業率は約58%にも上るという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング