【コラム】21世紀にもなって「クリスマスはカップルで」なんて時代遅れがいると聞き愕然とした

写真拡大

信じられない噂が飛び込んできた。いまだに、クリスマスをカップルで過ごしている人がいる、というのだ。正直、我が耳を疑った。すでに21世紀になって16年も経つというのに、今どき、クリスマスを恋人と過ごすなんて……。

今の流行は間違いなく「ひとり」だ。ひとり専用カラオケ、ぼっち飯、孤独死……世の中はおひとり様むけの言葉であふれている。私はトレンディな人間なので、クリスマスも当然、ひとりで過ごす。カップルでゴミゴミした街を歩くなんて、高級ホテルに宿泊だなんて、時代遅れもはなはだしい。

【サンタはいる、でも聖夜を2人で過ごす必要はない】

勘違いしてほしくないのは、私は「クリスマス爆破」や「クリスマス中止のお知らせ」などといったデマを流す、アンチ・クリスマスの過激派ではないということである。マライア・キャリーのおなじみの曲が流れてくればウキウキと心踊るし、竹内まりやが流れてきたらフライドチキンが食べたくなる。今年33になるが、サンタクロースの存在も信じている。ただ、織田裕二がワム!の『ラストクリスマス』をカバーした理由だけはよくわからない。

【1人だから超人気のビュッフェにも行ける】

さて、そんな今をときめくアーバンレディの私がどんなクリスマス・イブを過ごすか紹介しよう。ウェブメディアに携わる者として、スイーツトレンドは外せない。今年は、毎回大人気のヒルトン東京のスイーツビュッフェが1席だけ空いていたので予約してある。24日に空いていたのは1席だけで、私が予約した途端、空席はゼロに。2人では予約できなかった。要するに、カップルはお断りってことだ。

毎回満席で有名なヒルトンのスイーツビュッフェに入れたのも、私がひとりだったからこそ、である。今回のコンセプトは「ヘンゼルとグレーテルの家」。サンタを信じるピュアレディにはぴったりのメルヘンチック企画。ひと目を気にせずに好きなものを目いっぱい食べられるなんて。ひとりでビュッフェなんて寂しい? そんなチョベリバな感情は20世紀に捨ててきたので心配無用である。

【夜は大事な予定があるのでひとりで過ごしたい】

ちなみに、今年は年末の総決算、有馬記念が25日にあるので、聖夜に祈りを捧げながら、競馬予想に費やす予定だ。有馬記念はオールスター戦で「荒れるレース」として有名。どの馬が勝つかの予想は非常に難しく、とてもひと晩では終わらないほどである。

そもそも競馬予想には集中力が必要なので、クリスマスだからといって、恋人にベタベタされると迷惑なのだ。「馬と俺、どっちが大事なの?」……愚問すぎる。「じゃあ、お前に馬並みのスタミナがあるのか」と問いたい。さて、ここを読んでいるクリぼっちにだけ、こっそり教えてあげよう。私のイチ押しの馬は「マリアライト」という牝馬である。今年の有馬記念はクリスマス当日なので「マリア」が来るに決まっている。

【クリぼっちよ、胸をはれ】

いかがだったろうか。愚か者の群れが我々のソロ活動を「クリぼっち」などと呼びあざ笑うかもしれない。だがそれは、ひとりで生きられぬゆえの妬み、嫉みにすぎない。悪魔の声に惑わされることなく、安心して、クリスマスをひとりで過ごそうではないか。

メリー・クリスマス、ミスター&ミス クリぼっち!!

参考リンク=ヒルトン東京 マーブルラウンジ、JRA
執筆、撮影=御花畑マリコ (c)Pouch

画像をもっと見る