【ニッポンの名車】ヨタハチの名前で愛されたトヨタスポーツ800

写真拡大 (全30枚)

徹底的な空力処理と軽量化が行われた

最近は変わってきているが、カローラの80点主義に代表されるように手堅いクルマ作りがトヨタの身上ではあった。ただ、歴史を振り返ってみると、突然独創的でユニークなクルマを世に出すのもまた特徴でもある。

セラや初代MR2などがそうだが、モータリゼーション真っ盛りの1965年に登場したのが、トヨタスポーツ800、通称ヨタハチだ。このヨタハチという愛称は、真っ向勝負のライバルであり、翌年に出たホンダのS800との対比で付けられたもの。こちらはエスハチと呼ばれた。

そのコンセプトは精緻なエンジンを武器にしたエスハチとはまったく異なる。そもそも基本コンポーネンツは当時あった安価な大衆車であるパブリカからの流用と、一見すると大きなハンディがあった。実際、エンジンは水平対向2気筒と、扱いやすさはあったものの、スポーツユニットではない。

まず開発陣が採ったのは、徹底的な軽量化と空力の追求。市販前に1962年の東京モーターショーにパブリカスポーツと名付けられたコンセプトカーが出品されている。そのフォルム自体はヨタハチそのものであるものの、キャビンはなんと飛行機のように全体を後ろにスライドし、そこから乗り降りするというものだった。つまり航空機の思想で作られたクルマと言ってもいい。

航空機のエンジニアたちが開発を担当

それもそのハズで、開発責任者は長谷川龍雄氏(初代カローラも担当)は、東大航空学科を卒業し、戦時中は航空機の設計をしていた人物。デザイン担当の佐藤章蔵氏も航空機や潜水艦の設計をしており、両者ともに空力や軽量化などの知識に長けていた。それゆえ、パブリカスポーツが超流線形を採用したのは当然の結果だったのだ。

ただ、スライド式のキャノピーは使いにくく、当時に盛り上がっていたレースの規定には「ドアがあること」というものがあり、結局市販車では通常のドアが採用されている。またせめてもの抵抗というわけではないだろうが、ルーフは脱着式のいわゆるタルガトップとしているのも注目である。ちなみに世界的に見ても先駆けとなる採用だ。

重量面では、当時先進的だったアルミパネルをルーフやトランクに採用することで軽量化を進め、最終的に580kgを達成。

エンジンはパブリカのままでは非力なので、幾たびか試作が重ねられ、790ccにまで拡大しつつ、ツインキャブ化。スペック的には45馬力/3.5kg-mとした。数値だけ見れば非力に思えるが、空力のよさと軽量ボディのおかげで最高速度は155km/hにも達している。

たとえば同じ年に登場したブルーバード1600SSSの最高速度が160km/hだったことを考えると、驚異的なスピードだったことがわかるだろう。

このトヨタスポーツ800、通称ヨタハチは、同時代の先進的スポーツの雄、トヨタ2000GTの弟分として扱われることもあるが、じつは逆。トヨタ2000GTが発売されたのは1967年のことだから、ヨタハチのほうが2歳も年上なのだ。どちらも1960年代を代表する名車であることには変わりないが、その中身もまったく異なる2台である。

(文:近藤暁史)

【画像ギャラリー】