楽童ミュージシャン、28日に新曲のショートフィルムを見る「聴音試写会:思春期劇場」を開催

写真拡大

楽童ミュージシャンが「ミュージカルショートフィルム」に続き「聴音試写会」でカムバックの準備に出る。

YG ENTERTAINMENTは23日、楽童ミュージシャンの「聴音試写会:思春期劇場」が今月28日に開催されると明らかにした。

ニューアルバムを発表するたびに聴音会を開催し、多くの市民と共に楽しむ場を用意した楽童ミュージシャンは、今回はミュージカルショートフィルム「思春期:冬と春のあいだ」をあらかじめ楽しむことができる「聴音試写会:思春期劇場」で大衆に近寄る。今回の「聴音試写会」は以前の聴音会とは違い生中継されるのでなく、楽童ミュージシャンの公式カフェで応募イベントを行い、多数のファンが参加できるように準備中だ。

20分のミュージカルショートフィルム「思春期:冬と春のあいだ」では、楽童ミュージシャンの「思春期 下巻」のアルバムの全曲を垣間見ることができる。今回の映像は、思春期の、四季のうち冬と春のあいだにあるような感じに着目した。これを通じて楽童ミュージシャンはこれまで見せなかった兄妹の型破りのケミ(相手との相性) を最初に公開する予定だ。

今回のミュージカルショートフィルムは、準備期間から撮影、後半の作業まで、一般的なミュージックビデオに費やされる予算、時間、努力の倍以上が入ったプロジェクトで、新たな映像コンテンツをリリースしようとするYGの新たな試みが収められた作品だ。

先日「思春期 上巻」のアルバムで世間への関心、夢と愛に対するときめき、自我に対する悩みなどを収めた楽童ミュージシャンは、今回の「思春期 下巻」ではどのような視線と感情でもう一つの思春期を歌うのか期待が集められている。

楽童ミュージシャンのミュージカルショートフィルム「思春期:冬と春のあいだ」は、元旦2017年1月1日午後1時にNAVERのライブ映像配信アプリ「V」でオンライン独占先行公開される。また2017年1月3日には「思春期 下巻」のアルバムが公開される。