22日、安倍首相は中国公船の領海侵入が相次ぐ尖閣問題への対応のため、海上保安庁の関連予算を増額する方針を示した。

写真拡大

2016年12月22日、フランスの国営ラジオ局RFI中国語版サイトによると、海上保安庁の予算が大幅増額された。尖閣問題への対応が狙いとみられている。

安倍晋三首相は22日、海上保安庁の体制強化に向けた関係閣僚会議を主催した。中国公船の領海侵入が相次ぐ尖閣問題への対応のため、海上保安庁の関連予算を増額する方針を示した。

2016年度予算は1877億円だが、来年度予算では2100億円超にまで増額される方針だ。また、巡視船5隻を追加するほか、定員も200人以上の増員が予定されている。(翻訳・編集/増田聡太郎)