撮影:小林裕和

写真拡大

俳優として、そしてアイドル・B2takes!のメンバーとしても活躍する小澤廉さんが、写真家・小林裕和さんのプロデュースによって復活したフォトブック『月刊』シリーズに登場! 『月刊 小澤廉×小林裕和』が2017年2月23日に発売されます。

【撮り下ろしフォトギャラリー】お茶目、クール、いまの小澤さんがギッシリ詰まった撮り下ろしです!

ミュージカル『薄桜鬼』の藤堂平助をはじめ、『ダイヤのA The LIVE』の沢村栄純、『おそ松さんon STAGE 〜SIX MEN´S SHOW TIME〜』の十四松、『あんさんぶるスターズ!on stage』の明星スバルなど、明るく笑顔が印象的なキャラクターを演じることが多い小澤さん。

しかし、今回の写真集で切り取られた表情は今までの小澤さんのイメージと少し違うクールなもの。その意味とは? ステージで見せているキラキラとした笑顔の裏に秘められた、今の年齢だからこそ見える“ゆらぎ”が、そこにはありました。

また、小澤さんが出演する来年1月放送のTVドラマ『男水!』についても話を聞いてきました! 写真は小林裕和さんの撮り下ろし!

若者の大人になりきれていない部分を表現したかった

――写真集『月刊 小澤廉』のテーマを教えてください。

小澤:テーマは、“現代社会への不満をぶつけた若者”ですね。

――すごく意外な社会派のテーマですね。では、小澤さんが日本社会に不満がある若者ということでしょうか?

小澤:なんかまだ大人になりきれていない自分がいる中で、「これはおかしいだろ」とか納得できない部分があるんですよ。わかりやすく言うと、遅刻は許されないのに、残業はいつまでも許されるとか。そうしないと仕事が回らないのかもしれないですけど、でも「それはおかしいな」って思いますね。

「これが社会の仕組みだから」って言われるのがすごく嫌で。その仕組みを作ったのは上の世代で、それを僕らは自分の意志で選んできたわけではないので、合わせる義理がないというか。

そんな若者の大人になりきれていない部分、ピュアな部分を写真で表したいなって。ぶつけている不満とか、そういったものを表現したのが、スーツの上着を脱いで水の中で叫んでいる写真に繋がっています。今回の写真集のテーマとしては、全体的にそんな感じですね。

――今までの小澤さんとは違った一面をみせた写真集に仕上がっているイメージです。

小澤:どちらかというと、カワイイなって見られがちな役をたくさん演じさせていただいているんですけど、僕はプライベートだとすごく静かなんですよ。気を許した人たちが周りにいると、その人たちが話しているから別に自分は話さなくてもいいや、って傍観してしまうような性格なんです。

明るい役を演じているときは、お客さんを楽しませるためにやっているので、別に無理をしているという意識もなくて。でもプライベートになると、写真集のようにクール系なんです。

僕は気を抜いているときが一番カッコよく映るって言われるんです。そういった素の部分の小澤廉がでている写真集です。

――では、オフの小澤さんに近い表情が詰まった写真集になっているんですね。

小澤:そうですね、裸のカットもあるし。この撮影も楽しかったです。横浜のホテルで撮影したんですけど、キレイなシャワー室で撮って。下は自分のパンツを穿いているんですけど、それが見えないようにギリギリまで折って撮りました。小林さんと2人になるとかそういう気遣いはまったくなく、スタッフ全員に見られている中で(笑)。

――スーツのカット以外にも特にメッセージ性の強い写真はありますか?

小澤:太鼓のシーンもストーリー的に同じようなものを表現しています。太鼓のシーンはは、衣装がすごく凝っていて。「雷神で太鼓を叩いているところを撮りたい」と小林さんに話して実現させていただいて、本当に楽しい撮影でした。

最後のカットでジャンプしてババン!って太鼓を叩いているんですけど、あれは自分の跳躍力に自信があるし、常識を突き破っているという面では表現したいことだったので、最後の方で「ジャンプしているところを撮ってください」と頼んで。なかなかうまくいかずに時間をかけたんですけど、“常識を突き破る”という作品への想いが特にギュッと詰まっている1枚になっています。

2.5次元の舞台は好きな仕事。最初は“笑い方”から役に入る

――ファンの熱が高いコンテンツを2.5次元舞台として演じる上で、特に難しい部分はどこですか?

小澤:プレッシャーを感じつつも、満足していただくものを作り上げなきゃいけないけないところ。プレッシャーでストレスも感じたりしますが、そこを乗り越えると観に来てくださったお客さんの笑顔が見られるので、その景色を見るために日々の稽古を頑張っています。

――稽古期間もとても短いですよね。

小澤:最近はだいぶ慣れてきたのでなんとかなっているんですが、最初の頃は、「やばい、もう間に合わない、終わった……」ってなってたくらい(笑)。

でも大変な稽古期間の中でもキャストのみんなと楽しみながら、青春と言えるような時間を過ごせているので、やっぱり舞台ならではの良い経験をさせていただいています。2.5次元の舞台は、仕事の中でも特に好きな部類に入ります。

――元のコンテンツ(原作)にはどの程度まで触れるんですか?

小澤:ゲームなど、ストーリーを追うのにとても時間がかかってしまう作品は詳しい方に聞きつつ、原作の小説などを読んで細かい部分を補います。

僕は、基本的に原作に忠実にいこう、って思っているんですよ。原作という親からキャラクターという子を預かっている状態だと思っているので。原作ファンを裏切らないことはもちろん、原作をリスペクトしつつ、自分の演じる役を近づけることは、僕は義務だと思っています。

なるべく原作に近づけて、でもその中で小澤廉が演じる意味を出さないといけないから、原作にはなかったリアクションとかセリフや言い回しを自分で考えて、演出家の方に「この場面こう言いたいんですけど」、「こういう言葉入れたいんですけど付け足してもいいですか?」って聞いたりして。自分なりのオリジナル部分を入れながら、小澤廉が演じる意味を出していっています。

――より原作のキャラクターに近づくために気をつけているポイントはありますか?

小澤:笑い方から入ります。『ダイヤのA』の沢村栄純だったら、「だははははは」って笑い方の最初に「だ」をつけて、突き抜けるようにパーンと出すんですよ。『おそ松さん』の十四松だとハスキーさをちょっと入れたり。笑い方から入って、徐々にセリフも分けていっています。

まずは天真爛漫なキャラを極めたい

――今後どのような役をやっていきたいですか?

小澤:ここまで明るくて天真爛漫な役をやらせてもらっているのなら、この2.5次元のジャンルに留まることなく、明るくて天真爛漫なキャラを極めたいです。まずはそこを極めて、そこからクールなキャラもできるんだ、ってギャップを見せつついろいろな方面にいきたいですね。

――舞台をたくさんやっていて、演じる仕事にどんなやりがいを感じていますか?

小澤:自分とは違う人間になれることが、一番の魅力だなって思います。あとお客さんへ夢や希望を与えたり、嫌なことを忘れさせる仕事ってなかなかないと思うんですよ。

「廉くんのおかげで笑顔になれました」って感想を言ってもらえると、それだけでもっと頑張ろうと思えるし、他の仕事では得られないようなものが返ってくる。頑張れば頑張るほど、良い評価もわかりやすく返ってくるから、俳優の仕事はすごく素敵だなって思います。

――舞台は目の前にお客さんがいる生の現場ですが、その面白さや刺激はありますか?

小澤:やっぱり直接リアクションをとってくれることですね。上手くいかなかったときは笑いが起きなかったり、毎公演同じことは絶対にない。でも、お客さんが笑ってくれたりとか、最後「良かった!」ってザワザワした声が大きいと、それだけで疲れが吹っ飛ぶんですよ。だから応援の力は本当にすごいですね。

プライドをズタズタにされて、変わることができた

――これまで演じてきた作品で、小澤さんの中で大きかった作品や役柄は何ですか?

小澤:自分の芸能人生を大きく変えてくれた『ダイヤのA The LIVE』は、すごく思い入れがあります。沢村栄純の前向きな姿勢に、僕も芸能の仕事をしている中で何度も救われました。

スマホカバーはずっと沢村栄純モデルで、汚れて取り替えて、もう3個めなんです。それくらい沢村栄純に対しては思い入れがあって尊敬もしているし、ずっと一緒に歩んでいきたいな、と思えるキャラクターです。

『ダイヤのA The LIVE』はとてもアットホームなんですよ。アニメ版の声優さんも見に来てくれたり、プロデューサーさんも声優さんと舞台の俳優たちを仲良くさせようと食事会を組んでくださったりして。原作の寺嶋裕二先生も何回も観に来てくれて、その度に泣いてくださってます(笑)。

――今までの共演者の方で影響を受けた人はいますか?

小澤:高崎翔太くんかな。いろいろな方に面倒を見てもらっているんですけど、高崎翔太くんには一番面倒見てもらって。

最初僕はプライドが高かったんですけど、そのプライドをズタズタに引き裂いて、「今まで持っていたプライドはいらないものだったんだな」って、僕の人間性を丸くしてくれたのが翔太くんなんですよ(笑)。僕の中では兄弟子です。

感謝を忘れないと生きるのが楽になるし、豊かになる

――プライドをズタズタに、とは具体的にどのようなことがあったんですか?

小澤:演技が出来ていない、ということをことごとく言われまして。「ほんと、お前下手くそだな」って。それは愛のあるムチで、「下手くそだな」って言い捨てるだけじゃなくて、出来るまでずっと付き合ってくれる優しい一面を見せてくれました。

――自分で振り返って、「プライドが高かったな」と思う部分はどこでしょう?

小澤:今ついていただいているマネージャーさんの手に負えないくらい、人間が出来ていないプライドの高い、扱いづらい男だったんです。僕自身も、昔の自分はちょっと人間として出来てなかったと思います。今もまだまだなんですけど、まだマシになったと思いますね。

――では、気持ちの面ですごく生きやすくなったんじゃないですか?

小澤:そうですね、バカにされても怒ることもなくなったし、謙虚さっていう心も学んだし、感謝する心を一番学びましたね。感謝を忘れないと生きるのが楽になるし、豊かになりますね。

――高崎さんとは、とても大きな出会いでしたね。

小澤:翔太くんだけじゃなくて、事務所の周りの方に徐々に教えてもらって、今に至ります(笑)。

あと、もう1人の師匠は江戸川萬時さんです。あ、一番面倒見てくれたのは萬時さんかもしれない!(笑) 萬時さんと翔太くんと3人で勝手に“萬時塾”っていうのを作って。兄弟子が翔太くんで、弟弟子が僕。だから、その3人は特別な関係なんですよね。

面倒を見てもらった2人には、僕が活躍することによって恩返しできたらなって思っています。最近、けっこう翔太くんがグイグイ突っ走っているので、「やばい、俺も置いていかれないようにしなきゃ」って感じです(笑)。

1月ドラマ『男水!』「小澤のアップが見られます(笑)」

――2017年1月22日より、日本テレビほかにて放送される、高校水泳部の青春を描くTVドラマ『男水!』に平光希役で出演されます。小澤さんにとって、『男水!』は『仮面ライダー鎧武』以来の連続ドラマですが、撮影の感想を聞かせてください。

小澤:『仮面ライダー鎧武』は、この業界に入って2、3か月で奇跡的に決まって、演技のいろはもわかっていない状態だったので、終わってから振り返ると悔しい想いばかり残っていたんですよ。

『男水!』も初日はガチガチに緊張していたんですけど、楽しく出来たし、もっとドラマの撮影をしたいなって思えました。大変な部分も多かったけど、楽しい部分や新たなやりがいも見えてきました。

実は僕、『ウォーターボーイズ』がめちゃくちゃ好きで、高校生の時に全部のクラスを回ってウォーターボーイズを一緒にやってくれる人を26人探して。先生に猛反対されながらもなんとか実現させたんです。

『男水!』は、学園ドラマだしプールを使う水泳が題材じゃないですか。『ウォーターボーイズ』に近いニオイもする。しかも同年代の人たちと一緒にやっていたから、青春を感じることも出来たし、本当に楽しい現場でした。

――小澤さんが演じる役についても教えてください。

小澤:僕は、主人公とは別の強豪校に通う平光希という役で、背泳ぎの選抜メンバーです。2年生で、3年生を抑えて選抜メンバーに選ばれた努力家なキャラクターですね。

人と人との壁を感じないというか、人の心にズカズカ入っていく天真爛漫でフレンドリーなキャラ。でも観察力がすごくて、「今コイツはこんなことを思ってるだろうな」とか、ピンとアンテナを張っているんですよね。人を操るのが得意なので、光希が性格悪かったらとんでもない方向にいったんだろうなって思うくらい観察力がすごい。人をコントロールするのが上手いキャラクターです。

――演じることによって、小澤さんも光希の人をコントロールする能力を身につけることが出来ましたか?

小澤:僕は出来ないですね(笑)。感情が顔にすぐ出るんです。裏表を作ることが苦手で。

でも、平光希もいつも明るく振る舞っているんですけど、感情をぶつけるシーンもあるんです。溜め込んで溜め込んで……、だけど伝えなきゃいけないことはどうしても伝えたい、という気持ちは、僕とちょっと似ていると思いました。僕は溜め込んで我慢して顔に出すんですけどね(笑)。

――水泳は得意なんですか?

小澤:幼稚園年中から小6までやっていたので、バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロールの4種類は泳げます。でも背泳ぎはとても苦手だったんですよ、鼻に水が入るから嫌いだったんですよね(笑)。

――泳ぎを上手く見せるために、どんな苦労がありましたか?

小澤:フォームがキレイにならないと、映像も美しくなくて。しかもフォームがキレイじゃないと、(水中を)進むスピードも遅くなるんです。フォームがキレイになるとこんなに速く進めるんだ!今まで僕はただただ速く泳ごうとしてあがいていただけだなって、『男水!』の稽古で気付かされました(笑)。

――今回の撮影のために体は鍛えたんですか?

小澤:いや、あまり鍛えてないんです。原作のマンガだと、平光希は少し華奢に見えたんです。『FAIRY TAIL』のリオンのときはバッキバキに鍛えたんですけど、僕は肩幅があるから、これ以上鍛えたら平光希の雰囲気から離れちゃうかな、と思って。

――撮影現場の雰囲気はどうでしたか?

小澤:フレンドリーな中に切磋琢磨していく雰囲気があって、気を抜いていたらふるい落とされるような環境でしたね。馴れ合いじゃなくて、「俺はお前より目立ってやるぞ」って気持ちは持ちつつ、いじったりいじられたり、笑顔が絶えない現場でした。

――ドラマ『男水!』では、舞台とは違う、どんな小澤さんの一面が見られますか?

小澤:とりあえず、小澤のアップが見られますね(笑)。80インチの4Kテレビとかで見たら、「あ、小澤けっこう毛穴あるやん」、「二重の幅、ちょっと違うんだね」とか。

――今まで見えなかった細部まで見ることができますね!

小澤:舞台だとちょっと遠いですからね。ドラマでは上半身が裸のシーンもあるので、筋肉も見てもらいたいです。

アイドルグループ・B2takes!はホーム「メンバーに救われた」

――俳優ではなく、B2takes!のアイドル活動をしているときのモチベーションの違いはありますか?

小澤:メンバーと一緒に仕事ができることに思い入れが強くて。ステップアップのために入ったアイドルグループなんですけど、今は苦楽を共にしてきた仲間なので、この芸能界で一番気の許せる人たちと一緒に仕事ができること、そして一緒に上を目指すことは、常にモチベーションが上がります。

もちろん、モチベーションが下がることもあるんですよ、1人1人が順番にやる気をなくしてしまったりとか。でもそれを支え合えるというのも、B2takes!をやっていてよかったなって思うところです。

僕もメンバーに救われたことが何回もあるから、B2takes!は僕の芸能界のホームだと思っていて。B2takes!なくしては小澤廉はいないので、B2takes!を辞めるときはたぶん僕の芸能界を引退するときだな、って思います。

――ファンの方にとっては、本当にとても嬉しい言葉だと思います。

小澤:全然有名じゃないときから応援してくださっているファンの方もいますし、ずっと応援してくださったファンの方のためにも、続けていきたいなって思います。何よりもリーダーの奥山ピーウィーと一緒に武道館のステージに立ちたいと思っているので、俳優の方も頑張りますが、1人のアイドルとしての小澤廉も応援してくださると嬉しいです。

――自分がダメになりそうな時にメンバーから支えられたこととは?

小澤:B2takes!から1歩外へ出て俳優の仕事をして、そこで自分が上手く出来なかったり怒られたりしたときに、本当にしんどくなるときがあるんです。

その時に、「頑張れ」ってメンバーが言ってくれたり、「廉くんには帰るところがちゃんとあるよ」って言ってくれると、「俺にはB2takes!があるから、他の仕事でもコイツらのために頑張ろう」って思える。

ダメ出しに対しての拒絶反応がなくなったのは、B2takes!のおかげだなって思います。あと、翔太くんがプライドをズタズタにしてくれたから(笑)。

――上に行くために、今の自分に足りないと感じているものはありますか?

小澤:まずは演技力などの実力ですね。アイドルの方は、今俳優の仕事が増えていたのでダンス力がすごく落ちてしまっています。そこも落ちるんじゃなくて、常にやって上に上がっていかなきゃダメだな、と思います。

俳優の方は、実力を付けるのはもちろん、小澤廉にしか出来ない演技を見つけるのも1つの課題です。そして、舞台向けの演技と映像向けの演技の違いを見つけるのもまた1つの課題だと思っています。

――お話を聞いているとすべてにおいてビジョンが明確ですが、以前から自分のことを俯瞰してみるタイプだったんですか?

小澤:小さい頃は完璧主義者でした。この問題を解決するにはどうしたらいいか、って課題をピックアップして1つずつ潰していって達成することが多かったんです。その流れなのか、今の自分が出来ないことはなんだろうって、プライドがなくなったことでさらに客観視できるようになりました。

今これが出来てないってことを自分の中で認識して、それを解決するためにはどうすればいいんだろうって。今までは1人だけで解決しようとしていたんですけど、人に頼ることを学んだので、頼れるところは頼ったりしつつ、自分を追い込むところを作ることも大切なのかなと思います。

プライドという邪魔な壁をどかして、前よりも自分のことを理解するのがちょっと得意になったのかもしれないですね。

――これからはより高みを目指すのみですね。

小澤:でもけっこう怠け者だからな(笑)。完璧主義だけど怠け者なんですよ。追い込まれないとやらない、って性格なので。そんなところも周りの人にケツを叩かれながら、徐々に直していこうかなと思います(笑)。

小澤廉の周りで今年流行った「流行語」は?

――年末でさまざまなジャンルの流行語が発表され話題になりましたが、小澤さんの周りでの流行語はありますか?

小澤:ちょうどこの前アメスタに出演したときに、「小澤くんはみんなの彼氏だよね?」ってコメントのあとにきた「みんなの彼氏“みん彼”だね」ってコメントの“みん彼”を流行らせようとしています(笑)。「小澤廉、みん彼だよ〜☆」って。

あと、ありがとうの意味で「ありが豚漬け(ありがとんづけ)」って1人が言ったら、「ナスのぬか漬け」→「きゅうりの浅漬け」→「ピーマンの肉詰め」って言っていく一連のやりとりが僕の周りで流行りましたね。

――それは女子高生や若い子の間で流行るかもしれないですね(笑)。

小澤:ひとつのコミュニケーションとして意味はないんです。「Thank you」→「You Are Welcome」の感じで使ってほしいですね。4人入れますから! 1人が「ありがとうございます(ありが豚漬け)」って言うだけで4人のコミュニケーションがとれる!

――来年やりたいことはありますか?

小澤:常に元気に振る舞う。この1年は幸せなことに緻密なスケジュールでお仕事していたんですけど、やっぱり顔の疲れや感情の疲れが出ちゃうんですよね。だから常にフラットに維持して、どんな人にも印象の良い人間になりたいなって。

だけど、休みの日はちゃんと欲しいんですよね〜、僕は。売れたいなら人一倍、周りの人より頑張らなきゃいけないってこともわかるんですけど、でも体壊したら元も子もないから、息抜きしつつ、笑顔で頑張りたいと思っています!

――頑張ってください!

他にも、「頑張った人が評価されない業界はどんどん廃れていくと思う」など、熱い想いを抱く小澤さん。その一端を『月刊 小澤廉×小林裕和』で感じ取ってください!

『月刊 小澤廉×小林裕和』
●著者:小澤廉
●撮影:小林裕和
●価格:3,024円(税込)
●判型:A4 サイズ・80ページ
●発売日:2017年2月23日(木)