写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マーベル・スタジオ最新作『ドクター・ストレンジ』(2017年1月27日)が11月4日に全米公開となり、2週連続で1位を獲得。マーベルの単体作品興行成績として『アイアンマン』を抜いて1位となる大ヒットを記録しているが、本作では主演のベネディクト・カンバーバッチをはじめ、脇を固める俳優陣も含めてアカデミー賞の常連俳優たちが集結していることでも注目されている。

本作は、傲慢な天才的な外科医でありながら、不慮の事故で両手の機能を損なわれ、全てを失ったスティーヴン・ストレンジが、魔術の力と出会い、壮絶な修行と強大な敵との死闘を経てドクター・ストレンジへと生まれ変わる様を描いた作品。マーベル・スタジオのトップであるケビン・ファイギは、キャスト陣について「おそらく、私たちがこれまでキャスティングしたすべてを合わせたよりも多くの賞受賞や、ノミネートを果たしているのではないでしょうか」と自信をのぞかせる。

主人公ドクター・ストレンジを演じたベネディクト・カンバーバッチは、2015年に公開された『イミテーション・ゲーム』で第87回アカデミー賞主演男優賞にノミネート。彼は第二次大戦中にドイツ軍の"エニグマ"暗号気解読を実現した、実在した人物アラン・チューリング博士を演じた。惜しくも受賞は逃したが、その時に受賞したエディ・レッドメインが物理学博士のホーキング博士を演じていたこともあり、実在の人物対決として話題を呼んだ。

また、ストレンジの魔術の師匠でもある、エンシェント・ワンを演じたティルダ・スウィントンは、『フィクサー』で第80回アカデミー賞助演女優賞を受賞。さらに、ストレンジの兄弟子モルドーを演じたキュイテル・イジョフォーは第86回アカデミー賞主演男優賞に、ストレンジの元恋人で女医のクリスティーンを演じたレイチェル・マクアダムスは第88回アカデミー賞助演女優賞にそれぞれノミネートされている。

加えて、ストレンジの強敵カエシリウス役として、"北欧の至宝"の異名を持つマッツ・ミケルセンも出演。彼が演じるカエシリウスは、愛するものを失ったが故にダークサイドに落ちてしまった悲しみのヒールで、ストレンジを執拗に追い詰めながらも、どこか悲し気な魅力的な敵役を演じている。

ケビンは「演技派の彼らたちが、喜んで衣装に身を包み、『ドクター・ストレンジ』の世界で役を演じていることは、この原作の素晴らしさを証明するものです」とコメント。また、ティルダ・スウィントンにとって今回の出演者たちとの共演は真の喜びだったようで、「正直言って、この作品の名簿に名が挙がった私たちは、本当にラッキーだと思う。誰もがこの映画作りに興奮していたわ! ラッキーな人たちがチームになって喜びを分かち合いながら力を合わせていたの。これが最高の結果を生んだ大きな理由ね」と語る。

(C)2016MARVEL