主演の大野拓朗が金時、渡辺武監督があなごを抱っこしての4ショット(写真左から)

写真拡大

大野拓朗主演で、'17年1月からスタートするドラマと'17年5月20日(土)に公開される映画「猫忍」の舞台あいさつが12月23日都内で行われた。

【写真を見る】大野にべったり抱きつく金時

大野と渡辺武監督と共に主役猫の金時、また北村一輝主演でドラマ、映画と人気を博した「猫侍」の主役猫・あなごが出席し、あなごから金時へバトンをつなぐセレモニーが行われた。

忍者・陽炎太を演じた大野は、「(忍者らしい)走り方に苦労しましたね。人と話すのが苦手というキャラクターなのですが、そこは意外と話しています(笑)。でも抜けた感じは意識しました」と話すと、渡辺監督は「(抜けてるところは)それは本質なんじゃないの?」とすかさずツッコみを入れる。

また、金時について「金時がかわい過ぎて、撮影中も『かわいい、かわいい』ってずっとつぶやいていました」とメロメロの大野。渡辺監督も「金時は『本番』って声が掛かると、寝ちゃうんですよね」とほっこりするエピソードを明かした。

多くの観客、カメラを前にしても動じない金時は、大野との息もピッタリのようで、終始リラックスした様子で抱っこされていた。

さらに、写真撮影の際も金時が少し動いただけで「かわいい」と、会場中から歓声が上がった。

今作は、幼い頃に父親と生き別れ、愛を知らずに生きてきた陽炎太が、父(船越英一郎)と似ている猫を飼う笑いと癒やしの忍者活劇。金時のかわいらしさと大野の忍者姿、両方に癒やされながら楽しめそうだ!