池内博之(左)とジャッキー・チェン(右)

写真拡大

現地時間12月23日より中国で公開となるアクションコメディ『鉄道飛虎(RAILROAD TIGERS)』。この映画のプレミア上映イベントが12月22日に北京で行われ、池内博之が初共演となるジャッキー・チェンとレッドカーペットに登場。2ショット姿を披露した。

人生で今が一番幸せ! 中川翔子が憧れのジャッキー・チェンに会えて大興奮

第2次世界大戦下の中国を舞台にした本作は、在中日本軍を襲撃するため、中国の鉄道労働者や一般市民の人々が、鉄道による日本軍への物資支援を妨害しようとゲリラ隊「鉄道遊撃隊」を組んで立ち上がる様子を描いた作品。

ジャッキー扮する馬元が、一般市民の代表として、その「鉄道遊撃隊」を率いて鉄道が通る橋を爆破しようと企むが、池内演じる山口が、在中日本軍の指揮者として「鉄道遊撃隊」の企みを阻止しようとする。そんな「鉄道遊撃隊」と「日本軍側」との攻防を描いたアクションコメディとなっている。

池内が演じた山口は頭が良くて強い悪役だが、何かツイていない、中国の人から見てもどこか憎めないような存在。完全なる悪人ではなく、自らの責任を全うしようとする人物として描かれており、アクションシーン以外に「おじさんとのキスシーン」など、劇中で幅広い表情を見せている。

また池内は、舞台挨拶でも自己紹介や映画に関するコメントなど全て中国語で話し、キャスト陣を驚かせた。本作ではワイヤーなしの体当たりで本格アクションシーンにも挑み、その格闘シーンに注目が集まっている。

『鉄道飛虎(RAILROAD TIGERS)』は中国では年内公開予定。台湾公開は2017年1月6日予定で、日本での公開は今のところ未定となっている。