22日、中国のポータルサイト・今日頭条に、東京国立博物館で展示されている品々について紹介する記事が掲載された。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年12月22日、中国のポータルサイト・今日頭条に、東京国立博物館で展示されている品々について紹介する記事が掲載された。

記事は、東京国立博物館に展示されている数々の日本刀や冷兵器を写真と共に紹介。例えば、鎌倉時代のものとされる粟田口吉光の短刀、平安時代の太刀・古備前高綱など、保存状態も非常に良い歴史ある刀がたくさん展示されていると伝えた。

また刀以外にも、江戸時代の弓矢や陣羽織、室町時代の鎧や兜、安土桃山時代の南蛮胴具足など数多くの古物を紹介した。

これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「数百年前のものが新品同様に保存されている。完璧だ!」
「1000年以上前のものを保存しているなんてすごいな。中国の唐刀は1つも残っていないのに」

「拭い去ることのできない恨みを除けば、すべての面で日本に敬服する」
「島国だから保存できるんだよ。大陸だったら何百回も滅んでいるね」

「中国の刀は管理監督の名のもとに溶鉱炉へ行ってしまった」
「日本の博物館には本物が展示されているが、中国の博物館には偽物しかない。本物は指導者の自宅にある」

「中国は動乱が多くてたくさん破壊された。特に近代では骨董品を持っていたら罪になったんだから」
「台湾にわれわれの民国があり、韓国にわれわれの明があり、日本にわれわれの唐がある。そしてわれわれにはドイツのマルクス主義しかない」(翻訳・編集/山中)