群馬大学病院の手術死めぐり執刀医らが調査結果に反論 遺族は落胆

ざっくり言うと

  • 群馬大学病院の手術死を巡り、第三者調査委員会は執刀医らの管理体制を指摘
  • 執刀医は「不十分であるという認識はなかった」と第三者委員会に反論した
  • 執刀医の反論を受け、遺族は「反省が感じられない」と落胆の声を上げた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング