<未婚・晩婚が社会問題化している。30〜40代の独身男性から悩み相談を受けてきた人間関係コンサルタントの木村隆志氏によれば、趣味を持つのはよいが、突然趣味を失って過大なショックを受けないよう"分散化"が必要だという>

 未婚・晩婚は、日本社会を物語るキーワードとなった。結婚するか否かは個々人の選択であるにもかかわらず、日本の人口減少とも関わることから、社会問題と化している。高い生涯未婚率がニュースとなり、いまや自治体が婚活を支援する時代だ。

 これまでに5000人を超える30〜40代の独身男性から悩み相談を受けてきたという人間関係コンサルタント/コラムニストの木村隆志氏は、新刊『独身40男の歩き方』(CCCメディアハウス)でリアルなエピソードと具体的なノウハウを紹介。約260万人に上る日本の40代独身男性に向けて、人生を充実させるためのさまざまなヒントを提供している(目次はこちら)。

「これから恋愛・結婚をするもしないも『自由』。仕事、趣味、友人関係のどれに重点を置くかも『自由』。お金の使い方もファッションの選び方も、健康に対するスタンスも『自由』。そんな独身だから得られる数々の自由がある中で、どんな選択をしていくのか?」と、木村氏は「はじめに」で問いかける。

 ここでは本書から一部を抜粋し、5回に分けて掲載する。第3回は「第5章 趣味とお金」より。


『独身40男の歩き方』
 木村隆志 著
 CCCメディアハウス

※シリーズ第1回:40代未婚、不意に夢や子どもをあきらめる瞬間が訪れたら?
※シリーズ第2回:40代独身男性はスーツをどのように着ればダサくないか

◇ ◇ ◇

運営コミュニティを荒らされる、アイドルの熱愛発覚、ペットロス......。突然、生きがいを失ってしまう


 趣味=生きがい。あるいは、趣味=働く意味。

「仕事が趣味」という人も含めて、40代の独身男性は、とにかく趣味に対する思い入れが強く、生きがいとしてとらえる傾向が強い。それだけに、趣味を楽しめなくなることへの免疫力は想像以上に低く、ただただ打ちひしがれてしまう。

「俺はそんな風にならない」と思っているかもしれないが、はたして本当にそうだろうか。少なくとも、多くの40代男性から相談を受けてきた私は、あなたに「楽観視しないほうがいいよ」と言っておきたいと思う。参考になりそうな3人のエピソードを挙げてみよう。


 ハイヤー運転手の啓吾さん(45歳)は、あるSNSで競馬コミュニティの管理人を務めている。軽い気持ちではじめたものの、参加メンバーはわずか半年間で500人を突破。啓吾さんは楽しさとやりがいを感じて、毎日メンバーとコミュニケーションを取り合っていた。

 しかし、ある日、啓吾さんの何気ない発言に、批判のコメントやダイレクトメッセージが殺到。「管理人を降りろ!」というコメントや、「管理人変更を希望」というトピックが立てられるなど、追い込まれた啓吾さんはコミュニティどころかSNSのアカウントを抹消してしまった。

【参考記事】未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部