映画やTVドラマ、コミックの「if」の世界を描くコミックシリーズが、2017年3月に米IDWから刊行されることになった。

「Deviations」と題されたこのシリーズは、人気作品の物語で起きた重要な出来事が、もし違う展開になっていたらどうなるかを描く企画。今年の春には第一弾として、『ゴーストバスターズ』『トランスフォーマー』『X-ファイル』などが題材のシリーズ第一弾が刊行された。第二弾となる今回は、人気のTVドラマがメインの企画で、概要は次の通りとなっている。

■「Star Trek: Deviations」(価格:4.99ドル)
『スタートレック』の世界で、もし地球と初めて接触したのがバルカンではなく、ロミュランだったら?という「if」を描く。荒れ果てた流刑地と成り果てた地球で、反乱戦士のウィリアム・ライカーが巨大な陰謀を突き止めた。ライカー率いる無法者たち(その中にはファンにお馴染みの顔ぶれも交じる)は、ロミュランの地下牢の奥深くに幽閉された謎の囚人を救出することに。その人物は、人類を宇宙へ飛び立たせるための鍵を握っていた...。

■「Orphan Black: Deviations #1」(価格:4.99ドル)
『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』の冒頭で自殺したベスを、もしサラが助け出していたら?という「if」を描く。サラを初めとするクローン人間たちは、番組本編とは異なる経緯で集合し、LEDA計画の謎を解き明かすことになる。全6巻予定。

■「The X-Files: Deviations 2017」(価格:4.99ドル)
『X-ファイル』の世界で、エイリアンに誘拐されて戻ってこなかったのがフォックス・モルダー自身だったら?という「if」を描く。昨年刊行され好評を得た第一弾の続編。フォックスの妹サマンサ・モルダー捜査官と、ダナ・スカリー捜査官が再びコンビを組み、フォックス失踪のカギを握る謎の人物を調査する。番組本編でお馴染みのオタク3人組"ローン・ガンメン"もゲストとして登場。

上記作品のほか、人気キャラクター『マイリトルポニー』や、人気コミック『ジャッジ・ドレッド』の「if」を描く作品も刊行予定。自由度の高いコミックの特徴を活かしたユニークな企画は、ファンの関心を集めそうだ。(海外ドラマNAVI)