A・スカルスガルドとM・ペーニャが共演 (C)Reprisal Films / The British Film Institute 2015

写真拡大

 アレクサンダー・スカルスガルドとマイケル・ペーニャ共演のクライムアクション「バッドガイズ!!」で、主人公の悪徳警官コンビの破天荒さが際立つ予告編が公開された。

 ニューメキシコ州アルバカーキを舞台に、ワルの流儀で悪を裁く警官コンビが巻き起こす騒動を描く。どう猛な肉体派のテリー(スカルスガルド)と、その相棒で口達者なボブ(ペーニャ)は、100万ドルの強盗計画をかぎつけ横取りをもくろむが、それは裏社会のドンが絡む超ド級のヤマだった。

 予告編では、息がぴったり合ったテリーとボブが、悪人も真っ青のワルであることを紹介。上司の説教に「汚職はよくない!」と肝に銘じたかと思いきや、悪びれることなく人を殴ったり、わいろを持ちかけたり、ドラッグに手を出したりと、型破りな“捜査”の連続。異端者コンビがひと癖ありそうな強盗計画のプレイヤーたちをどう出し抜くのか、期待をあおる。

 「バッドガイズ!!」は2017年2月21日からヒューマントラストシネマ渋谷で、2月25日からシネ・リーブル梅田で、特集上映「未体験ゾーンの映画たち2017」の作品として上映される。