めっちゃイイ子! 男性が「奢ってあげたくなる」女子の特徴6つ

写真拡大

「ゴハンをごちそうしてあげたい」と男性に思ってもらえる女性とは、一体どんな女性なのでしょうか? 最近では、男女で食事に行っても割り勘が基本、なんて人が多いですからね。そんなご時世でも、「奢ってあげたい」と思わせる女性になるべく、男性たちの心のツボを今回は調査してきました。

■謙虚な女性

・「謙虚で感じがいい人。奢られて当然と思っているとイヤだから」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

横柄な態度を取る女性にごちそうしてあげたい、とはなかなか思うものではないでしょうね。まずは、謙虚な姿勢を持つことが大事です。

■おいしそうに食べてくれる

・「一緒に食事していてすごくおいしそうに食べている」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

特に、男性側が選んだお店の場合は、ここが重要でしょうね。自分が推したお店の料理にいちいちケチをつける女性にごちそうしようとは思わないはず。おいしそうにモリモリと食べてくれたら、奢りがいもあるというもの。

■お礼を忘れない

・「優しくて必ずお礼を言ってくれる子。気持ちよく食事できるから」(32歳/運輸・倉庫/技術職)
・「やたらと感謝される。奢られたことに対してうれしそうにする」(31歳/機械・精密機器/技術職)

きちんとお礼が言える女性は、自分がどんなことをしても、必ずちゃんと感謝してくれる、という安心感があるから、奢ることにためらいがないのかもしれません。

■がんばっている

・「がんばり屋さんの女性。何か助けてあげたくなるから」(37歳/情報・IT/技術職)
・「いつもがんばっている女性。おいしいものを食べてもらいたい」(38歳/金融・証券/営業職)

仕事でも何でも、がんばっている姿を普段から見せていると、そのがんばりをねぎらってあげたい、と男性側は思うもの。だらけた姿勢ばかり見せていたら、そうは思ってもらえないでしょう。

■楽しい!

・「一緒にいて楽しい。こちらの気分をよくしてくれる」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「やっぱり楽しんでくれる子ですね」(31歳/情報・IT/技術職)

一緒にいると、いつも楽しくて仕方がない、そんな女性とだったら、お金を出してでも、一緒に食事をして、楽しい時間を共有したいと思うでしょうね。

■払う姿勢

・「自分から財布を出して、払いますという自然な態度でこられたら。『いやいや、じゃあ次回は出してね』となります」(37歳/機械・精密機器/営業職)
・「会計で財布を出してくれる。ちゃんと割り勘という姿勢が見えるから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「奢ってもらいたいな」と思っていたとしても、お会計のときにお財布を出さないと、男性のほうはムッとしてしまうかもしれません。とりあえず出せば、男性も「いいよ、いいよ」と言ってくれるでしょう。

■まとめ

「奢ってあげたいな」と男性に思ってもらうためには、何はともあれ「奢ってもらうのが当たり前」という態度を取らないことが一番大事なのかもしれません。謙虚な姿勢を常に持っていれば、おいしい食事をごちそうしてもらうチャンスが増えるかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数103件(22〜38歳の働く男性)