21日、タイ・国防省のクロンチープ報道官は中国と軍関連施設の建設について協議していると明かした。写真はタイの軍人。

写真拡大

2016年12月21日、タイ・国防省のクロンチープ報道官は中国と軍関連施設の建設について協議していると明かした。環球時報が伝えた。

今月12、13日にはタイのプラウィット副首相が訪中し、中国の常万全(チャン・ワンチュエン)国防相と会談した際に、タイが保有する中国製の軍関連設備の修理を行う意向を伝え、ドローン(無人機)といった小型兵器の製造に関する技術を提供してほしいと要請している。

海外メディアによると、タイは2014年の軍事クーデター以降、米国との関係が悪化し、次期米国大統領であるトランプ氏は自国第一の政策を明言しているため、安全保障分野においてタイは中国に依存するとの見方が強い。(翻訳・編集/内山)