1979年5月発売の初代アルト(左)と2014年12月発売の8代目アルト

写真拡大

スズキは、軽自動車「アルト」が、同社として初めて単一車種での国内累計販売台数500万台を達成したことを記念して、特別色を設定し2016年12月20日に発売した。

1979年5月誕生、女性中心に大ヒット

「アルト」は1979年5月に誕生。運転のしやすさや、使い勝手の良さ、経済性の高さにプラスし、車両の輸送費用を含む自動車業界初の全国統一価格を実現し、常識を打ち破る47万円という価格設定で発売したモデルだ。女性を中心に大ヒット商品となり、37年以上にわたり多くの人が愛用する日本の軽自動車だという。

14年12月22日に発売した8代目は、「省資源・省エネルギー」「気軽に乗れて多用途に使える」「お求めやすい価格設定」という初代アルトの原点に立ち返って、軽自動車に要求される基本性能をアップグレード。燃費性能、走り、デザイン、安全性能を進化させ16年12月12日に国内累計販売台数500万台を達成した。

特別色はLグレードとSグレードに「フレンチミントパールメタリック」「コフレピンクパールメタリック」「フォーンベージュメタリック」の3色を設定。

価格(税込)は89万4240円〜110万2680円。