写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●声で操作できるスマートなナビ
「Android Auto」はGoogleが開発した車載インフォテインメント向けのスマートOSだ。本国のアメリカで2015年に先行投入された後、2016年7月には日本上陸も果たした。利用するには「Android Autoアプリ」をインストールしたモバイル端末のほか、対応のカーナビゲーションシステムが必要だったが、2016年11月のアップデートによりAndroid Autoアプリ単体での利用が可能になった。

つまり、Androidスマホやタブレットをカーナビの代わりとして使いやすくなったというわけだ。今回は、そんなAndroid Autoの実力に迫ってみたい。

必要なものは、Android Autoアプリを入れた4G LTEデータ通信ができるスマホと、これを車のダッシュボードに固定するためのスマホホルダーだ。

Android Autoアプリには、Google Mapをベースにした地図ナビゲーションのほか、音楽ストリーミング再生とハンズフリー通話が主な機能として組み込まれている。アプリを起動すると表示されるメイン画面には、再生中の楽曲、天気、通話、地図の検索履歴、Google Nowカードの通知を表示。Android OSの機能から車で活用できるものをパッケージ化して、運転中に確認・操作がしやすいユーザーインタフェースに最適化してまとめあげている。Androidスマホやタブレットのユーザーならば違和感なく使えそうだ。アプリの画面はタテ・ヨコ表示のどちらにも対応している。

インタフェースの操作には、Googleの音声認識アシスタント機能を使う。アプリの設定画面からは、画面がオフの状態でも「OK, Google」の発声で動作するかなど、詳細設定が決められる。音声アシスタントは、メイン画面の右上に表示されているマイクのアイコンをタップして呼び出してもいい。

まずは筆者の自宅の近所を車でドライブしながらカーナビとしての使い勝手を試してみた。カーナビを初めて使う人や、車の運転に不慣れな人にとって使いやすくできたアプリと言えるのではないだろうか。少なくとも本格派のカーナビのように、機能がてんこ盛りになっていて探しづらい、操作が難しいという感じはしない。

「OK, Google」で検索を呼び出して、「吉祥寺の東急デパートまでの道のりを検索」と話しかければ、ベストコースを地図上に示してくれる。文字をキーボードから入力しなくても、声で直感的に操作できるところがいかにもスマートだ。

マップの種類は平面図とバードアイの2種類。右左折のポイントが迫ってくると、画面の左上にその地点までの残り距離が表示される。音声ナビゲーションの発声もよどみがなく自然。見慣れたGoogle Mapをチェックしながら、街を歩く感覚で運転できる、心強いドライブのパートナーだ。音声操作が中心で、画面をタッチして操作する必要はほとんどなかった。最新のカーナビに搭載されているような、メジャーな交差点にさしかかるとリアルな立体表示に切り替わる機能は搭載されていないが、カーナビ初心者にとってはシンプルな地図に固定されている方が安心かもしれない。

オペレーションがシンプルで良い反面、もう少しカスタマイズができて欲しい部分もある。例えばルート検索だ。Android Autoはなるべく混雑していない道路を選んで最短コースを提案してくれるのだが、運転が苦手な人にとってはちょっと複雑な小道を通る"攻め"のコース取りをレコメンドしてくる場合があった。よく知っている地元をドライブしながら、Android Autoが指し示す道を吟味してみると、確かに近道ではあるのだが、「こっちの違うルートを選択した方が楽に、安全に移動できるのでは? 」と感じることも多々あった。「ドライブ初心者向け」「安全優先」「お急ぎ」など、運転レベルや目的に従った種類の違うルートを見つけてくれる検索モードがあればなお嬉しい。

●カーオーディオ機能もチェック。操作はシャウト必須?
続いて音楽再生をチェックしよう。今回の取材時点で筆者がインストールしていた音楽アプリでは「AWA」「Google Play Music」「Amazon Music」「Spotify」がAndroid Autoに対応していた。それぞれお気に入りに登録している楽曲やプレイリストを指でタップして再生もできるが、「OK, Google」を活用しながら好きな曲をハンズフリーで呼び出せた方が楽しいはずだ。

結論から先に言ってしまうと、音楽再生の機能はまだ使い勝手があまり良くなく、発展途上段階という感じだった。音声認識の精度にばらつきがあるからだ。音楽をかけていない静かな状態では、ホーム画面やカーナビの画面から比較的正確に曲を見つけて再生してくれる。

手順としては、「OK, Google」と声をかけて、「Spotifyでマドンナを再生」とコマンドを音声入力すれば、Spotifyに登録されているマドンナのおすすめ楽曲を再生してくれる。ところが音楽再生がはじまると、再生中の音楽にかき消されてしまうのか、大声で「OK, Google!!!」とシャウトしないと検索が起動しない。コマンドも正確に受け付けなくなり、「AWA(アワ)」に至ってはサービス名を正しく聴き取ってくれない。仕方ないので曲を再生し終わったら一時停止を押して、静かな状態でもう一度検索から再開した。今回使ったスマホのマイク感度が悪いのかもしれないが、アルゴリズムの方にも改善の余地はありそうだ。

AWAのサービスについては「オフラインリスト」にもアクセスはできたが、スマホのオフラインキャッシュから読み込んで再生するのではなく、どうやらパケット通信が発生するストリーミング再生になってしまうようだ。機内モードにスイッチして楽曲の再生を試みてもうまく読み込まれなかった。Spotifyについてはオフライン再生の楽曲リストがAndroid Autoの場合は表示されなかった。

音楽再生についてはもう一点、スマホのスピーカーでは十分なボリュームが得られなかったので、スマホのほかにBluetoothスピーカーなどを持ち込んで楽しむのもアリだと思う。

以上の課題はまだあるものの、音声コマンド入力は両手をハンドルで塞がれる状態においてとても有効な操作方法だと思う。現時点でも、地図のナビゲーション音声は音楽を再生していても聞こえてきたり、運転の安全性を最優先した理にかなった設計になっている。これから独自に使いやすい音楽再生機能を極めて欲しい。

ちなみに、Android Autoアプリの起動中でも、ニュース速報などの通知は表示された。ものによっては内容を音声で読み上げるよう選択ができればもっと便利になるかもしれない。

そして最大の課題は、Android Autoアプリを使っている間はスマホのバッテリーがかなりのスピードで消耗することだ。筆者のXperia Z5 Premiumは使いはじめて1年と少しになるので、バッテリーそのもののが若干ヘタってきている可能性もあるが、カーナビと音楽再生機能を同時に使っていたら20分のドライブでバッテリーが15%減っていた。ポータブルバッテリーや車内のシガーソケットから充電できるアダプタは、持ち込み必須かもしれない。

Android Autoをこれから試すという方は、ふだん使い慣れたスマホを使ってみてもいいし、ナビや音楽再生を中心に使うというのであれば、データ専用の格安SIMと格安スマホの組み合わせをひとつ用意してカーナビ専用で使い倒すのもいいだろう。その際は地図の見やすさを考えて、なるべく画面が大きい端末を選んだほうがベターだ。

まだ発展途上な部分もあるが、スマホやタブレットさえあればシンプルにカーナビ環境が導入できるアプリとして「Android Auto」はおすすめできるアプリだ。ただ、これからは対応する機能や外部アプリを拡大していく方向よりも、いまできるナビゲーションや音楽再生機能などの「基本形」をしっかりとブラッシュアップしていくことが成功の近道だと思う。

(山本敦)