信じらんねぇ! 「ずる賢い人」がしがちなこと6つ

写真拡大

どんな環境にも、ひとりくらいは「ずる賢い人」がいるはず。真面目に振る舞っている人にとって、ずる賢い振る舞いをする存在は、さぞやカチンとくるものなのでしょうね。ところで、ずる賢い人たちは、具体的にどのような言動をとるのでしょうか? 男性目線でその特徴を考察してもらいました。

■他人の目を意識

・「人がいるときはしっかり仕事をしているが、ひとりのときはさぼっている」(34歳/その他/その他)

・「人が見ていないときに手を抜く」(36歳/不動産/営業職)

自分ひとりのときにがんばっても、誰も気付いてほめてはくれないですからね。評価してくれる人の目の前でだけ「がんばっているアピール」をするなんて、ずるい以外の何ものでもないでしょう。

■恋人はいるけれど

・「隠れて遊び相手と浮気している。彼氏がいるのに、合コンに来ていた女性と話をした経験から」(32歳/情報・IT/技術職)

・「彼女がいるのに、そのような素振りは一切見せないこと」(29歳/情報・IT/技術職)

恋人がいることを巧妙に隠して、浮気をする、という人も世の中にはいます。「もっといい人がいたら乗り換えよう」とでも思っているのでしょうか……。

■自分のことを明かさない

・「自分の話をしないこと。ボロが出ないから」(26歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「基本秘密主義で、私生活を親しい友人にも話さない。自分に不利なことは言いたくないと思うらしい」(39歳/医療・福祉/営業職)

自分の本心などを人に伝えてしまうと、それがほかの人に伝聞で伝わり、弱みになってしまうことも十分考えられます。だからこそ、人の話は聞くけれど、自分のことは明かさないのです。

■カードのポイントを

・「飲食店行ったとき、みんなからお金を集めた上でカードで支払いポイントをもらっているとき」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

・「まとめてお会計の際、俺がまとめて払っておくよとカードで払い、あとで割り勘のお金をもらって、カードのポイントを独り占めしている様子」(28歳/その他/販売職・サービス系)

大勢での飲み会だと、こういうことをする人がいるんですよね……。幹事の特権とも言えるかもしれませんが、一緒に飲んでいた人は、きっといい気はしないでしょう。

■人によって態度を変える

・「相手によって自分をコロコロ変える」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「常に中立の立場でうまく立ち回る。八方美人で自分も相手も傷付けないようにしている」(36歳/その他/専門職)

目の前にいる相手によって態度を変え、誰に対しても「いい人」として振る舞う……徹底していれば、「ずる賢い」の域を超えていますが、穴があるから「ずる賢い」程度で終わりなのでしょうね。

■打算的

・「自分にとって得かどうかですべてのことを決める」(39歳/その他/営業職)

自分の損得で行動を決める打算的な態度も、ずる賢い人ならでは。こういう人は、決して他人のために献身的な振る舞いなどしません。

■まとめ

ずる賢い人は、どこか爪が甘いところがあるから「賢い」ではなく、「ずる賢い」なのでしょう。こういう人がいたら、反面教師にして、自分が「ずる賢い」ではなく、「賢い」人間になれるように、ブラッシュアップしていきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月7日〜2016年12月12日
調査人数:397人(22〜39歳の社会人男性)