12月24日(土)放送の「ビートたけしの超常現象ー」(テレビ朝日系)で、全米注目の“ブレインハッカー”が、ビートたけしの脳を読み取る!?/(C)テレビ朝日

写真拡大

12月24日(土)夜6時56分から、年末恒例の「ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル保存版! 未確認生物UMA大図鑑SP〜UMA捕獲プロジェクト始動!」(テレビ朝日系)が放送される。

【写真を見る】“ブレインハッカー”が博多大吉の初恋女性を当てる/(C)テレビ朝日

'97年の第1弾以来「ビートたけしの超常現象(秘)ファイル」では、UFO、超能力、幽霊、UMA(未確認生物)など数々の超常現象を取り上げてきた同番組は、第19回となる今回、'16年の世界各国で未確認生物に関する新情報が話題になったことに注目し、番組独自で“UMA捕獲プロジェクト”を開始。

また、全米最強の“ブレインハッカー”が緊急来日し、出演者たちの頭の中をのぞき見る実験を。“ブレインハッカー”ことジョー・ブロギー氏は、相手の脳に侵入し、過去の記憶や頭に思い描いたイメージを瞬時に読み取るという能力を持っている謎の人物だという。

ブロギー氏は、最初の“実験台”として博多大吉の脳のハッキングを試みることに。初恋相手の名前をローマ字で思い浮かべるように指示された大吉に、ブロギー氏が手を重ね合わせると「頭文字はM?」と問われ、大吉の表情が固まってしまう。

続いて、ブロギー氏が「…MIKA(ミカ?)」と聞くと、大吉は恐る恐る「…イエス」と答え、スタジオは騒然となる。

ブロギー氏が言う通り、大吉の初恋相手は“ミカ”さんという近所の女性のようで、大吉は「頭文字を当てられたところから怖くなってきて…」と震え出す。その後もブロギー氏は浜口京子の頭に浮かんだ絵を当てる実験や、三戸なつめが読んだ本の中身を読み取る実験などを行い、ビートたけしも「これは…スゲぇな!」と驚く。

そんなブロギー氏は、何とたけしの脳のハッキングにも挑戦。テレビ朝日の美術倉庫から“かぶり物”と“小道具”を数種類ずつ用意し、ブロギー氏はそこから1つずつアイテムを選んでほしいとたけしに指示。

たけしがどんな小道具を選ぶのかと、それらを使ってどんなアクションを行うのかと事前に読み取るという。たけしは「こんなモノはいつもかぶり慣れていますから、私の心が動くことはありません!」と自信満々で挑むが、その結果は!?

その他、番組では伝説のモンスター“チャンプ”の捕獲作戦を敢行する。チャンプとは、アメリカとカナダにまたがるシャンプレーン湖に生息するとされる謎の生物で、体長は約15メートル、長い首と大きな胸ビレを持ち、太古の恐竜“プレシオサウルス”の生き残りという説もあるUMAだ。

今回、渡辺裕之がチャンプの大捜索に挑み、現地の専門家と船に乗り込んで水中ドローンや魚群探知機などの最新機器、合計9台のカメラを駆使して徹底調査する。すると、魚群探知機に巨大な影が現れ、渡辺が投入した水中ドローンで衝撃映像の撮影に成功!

さらに、柔道家・篠原信一が中国の秘境で野人探索に挑戦する。'16年夏に、中国で長さ57センチの“巨人の足跡”が発見されたというニュースが流れたが、その大きさから推測すると、野人の体長は4mになると考えられる。

篠原は「野人が出現したら、一本を取ってみせる」と意気込み、野人が多く目撃される湖北省・神農架林区へ向かう。現地の調査チームと合同で山中の捜索を開始すると、野人の存在を証明する決定的な痕跡を篠原が見つけてしまう!?