セブンイレブン初登場の「ななチキ」

写真拡大 (全2枚)

 いよいよお待ちかねのクリスマス。コンビニ業界では、すっかり風物詩となった“チキン商戦”が今年もヒートアップしている。『セブン−イレブンは日本をどう変えたのか』(双葉社)の著者でコンビニジャーナリストの吉岡秀子氏が、大手コンビニ各社の一押しチキンを徹底調査する。

 * * *
 今年は、カレンダーが23(祝)・24(土)・25(日)の三連休とあって、家族や友人と“クリスマス3days”を存分に楽しもうと計画している人が多いだろう。こうした消費者心理を、もちろんコンビニ各社は1年前から読んでいる。新しいチキンメニューを練り続け、発売中の新チキンは例年以上の力作ぞろいだ。

 ビッグニュースは、セブン−イレブン(以下セブン)が満を持して骨つきチキンの「ななチキ」を投入したこと。同社によると「チキン全体の販売は前年の5割増しになっている」というから、商戦の台風の目になっていることは間違いない。

 各社のイチオシチキンを紹介する前に、取材を通して見えてきた今年のコンビニチキンのポイントを上げておこう。大きく2つある。

 まず、「脱・ケンタッキーフライドチキン」の傾向があると見た。主に味つけのことだ。セブン・ファミリーマートローソンミニストップ、4社の新作を食べてみたが、いずれもハーブやスパイスを絶妙なバランスで配合し、独自の味を出しているものの、スパイシー感は控えめになった気がする。

「子どもから高齢者まで、幅広いお客様に召し上がっていただきたい」(セブン・チキン開発担当者)

「家族で楽しめるよう、お子さんも楽しめる味の仕立てに変更した」(ローソン・チキン開発担当者)

 という言葉どおり、鶏肉本来のジューシーさを前面に出し、食べ応えがありつつ、やわらかい肉感に仕上げたものが多い。背景にはコンビニ客層の変化がある。来店客の男女比は、もはや五分五分に近い。加えてシニア客も増えている。若い世代が好む「ガツンとくる味」だけでは数字は取れない。

 そして、第2に「少人数向け まとめ買いの強化」。言うまでもなく、クリスマス連休で増えるパーティー需要を意識したものだが、今年は大勢ではなく、少人数向けのメニューが増えた。

 ファミリーマートは昨年、大勢が集まるパーティーを想定し、10個セットを中心に展開したが、今年は“おうち楽しいクリスマス”と題して、少人数用のセット商品を強化した。

「今年の予約販売は、プレチキ6個セット・ファミチキ6個セットと、2〜3人の少人数で楽しんでいただけるメニューが特に人気です」(同社広報担当者)

 今や、一人暮らし世帯(1366万2000世帯)と夫婦のみ世帯(1174万8000世帯)で全世帯の過半数を超える(厚生労働省調べ「国民生活基礎調査」平成26年)。こうしたトレンドに反応した販促戦略が、セットメニューに現れてきた。

 さて、いよいよ各社のイチオシチキンを見ていきたい。

 まずは初登場、セブンの「ななチキ」(298円)。他チェーンの骨つきチキンより値段が高いが、サイズが大きめ。持った瞬間、ずしっとくる肉の迫力は、“ハレの日チキン”と呼ぶにふさわしい。

 11種類のオリジナルスパイスを皮・衣・肉の三段階で仕込み、じっくり揚げたジューシーさがウリ。隠し味の藻塩がほどよく利いていて、ごはんのおかずにもなりそうなまろやかな風味だ。

 セブンは昨年も、骨つきチキンは出していた。だが、定番ゆえにあまり話題にならなかった印象がある。それを今年、「女性客も増えているから」と、味つけ、製法など全面的に見直し「ななチキ」とかわいく命名してブランディング。まとめ買い用にスタイリッシュな赤い箱まで独自開発するなど、並々ならぬ気合が感じられる。

 12月に刷新したファミリーマートの「プレミアムチキン」(198円)も“変わった感”が大きい。12種の独自のスパイス、ハーブの配合比率を見直し、より香り高く深い風味が増した。また、肉のカット方法を変えたことで、鶏肉のふんわりとしたボリュームがアップ。身のほぐれ感がよくなったので、ガブッと豪快にほおばるのがおすすめだ。

「12月1日からサークルK・サンクスでも、刷新したプレミアムチキンの販売をスタートしました」(ファミリーマート広報担当者)

 と、販売店舗数が一気に6000店舗以上増えたことがどう商戦に響くのか、注目したいところ。その他、定番の骨なし「ファミチキ」(180円)に加え、しょうゆやみりんで味付けた「照り焼きチキンステーキ」(220円)と新商品も登場。こちらも気合い十分だ。

 一方、ロングセラー・からあげクンなど、ふだんからフライヤー商品に力を入れているローソンにイチオシを聞くと、「黄金チキン」(190円)と即答だった。

 骨つき・骨なし、どちらもそろう「黄金チキン」は、2013年に“ローソンチキン史上最高品質”と鳴り物入りで登場したスペシャルチキン。今年は「ミルクの風味を肉の下味に加え、まろやかな余韻が楽しめるようにした」(同社・チキン開発担当者)と、「ななチキ」同様、ファミリー狙いの戦略がうかがえる。

 15種類のスパイスとハーブを使ったというだけあって、食べている間、華やかな香りが続く。さらに、枕崎産かつお節と利尻産の昆布の“だし”がきいた「和風」もあるのでチェックしたい。

 今年のチキンの予約件数は、すでに昨年の1.2倍以上に伸びているそう。25日のクリスマス当日ギリギリまで熱い商戦は続きそうだ。

 最後に、店内調理に定評のあるミニストップの新しい骨つきチキン「極旨チキン」(190円)も見逃せない。

「12月9〜11日までの3日間、20円引きセールをしたところ、目標に対し190%を超える販売を記録しました」(同社広報担当)

 と、出だし好調。鶏肉に塩、砂糖、しょうゆを染み込ませ、その後、13種のハーブとスパイスを2段仕込みで味付け。肉に浅くカットを入れているので食べやすく、口に入れた瞬間、スパイスがふわっと香り立つ感じだ。

 さらに、骨なしの「ジューシーチキン」(170円)、「フィレチキゆず胡椒」(170円)もそろっている。ミニストップは注文を受けてから温める販売スタイルなので、いつもホカホカが楽しめるのもポイントだ。

 と、各社こだわりのチキンが出そろった。予約に間に合わなかった人も25日までセールをしているので、諦めるのはまだ早い。

 ただし、コンビニ本部の商品開発者が頑張っても、チキンの味を最後に決めるのは店のオペレーション力だ。ぜひ、明るくあいさつしてくれる店員のいる店に立ち寄ろう。気配り上手な店員のいる店なら、きっとおいしいクリスマスチキンが売り場に並ぶはず。購入する側も、ちょっとした選ぶ目を持ちたい。

※金額表示はすべて税込み価格。