息子の巨額な違約金を返済するために…

写真拡大

 都心の一等地、40坪を超える土地に2億円の豪邸が建った。コンクリート打ちっ放しの外壁と白い塗り壁がモダンな雰囲気を醸し出す。まだ人は住んでいないが、時折電気がつき、荷物を運び入れるような人影が見える。高畑淳子(62才)はこの新居で、長男・裕太(23才)と新年を迎えるつもりだという。

 裕太が40代ホテル従業員女性への強姦致傷容疑で逮捕されてから4か月。被害者女性との間で示談が成立し、示談金は1000万円超とも報じられたが、ドラマやバラエティーなど、今回の事件で裕太が負った仕事上の違約金はさらに巨額だ。

「ゆうに1億円を超えるといわれています。淳子さん自身のCMも放送中止に追い込まれていますから」(高畑を知る芸能関係者)

 1月18日には、事件以降休んでいたレギュラー番組『スタジオパークからこんにちは』(NHK)に復帰。

「非難もありますが、なりふり構っていられない。2017年も舞台を中心に仕事をめいっぱい詰め込もうとしています」(別の芸能関係者)

 東京・練馬区の一角にある一戸建て、高畑の実家も2か月ほど前から売りに出されている。

「夏に高齢のお母様を施設に入れて、空き家になっていました。彼女も昔住んでいた思い出の地なので寂しい気もあると思いますが、売り出しを決めた。売ったお金は全額、息子さんの件で発生した違約金の返済に当てるそうです」(前出・高畑を知る芸能関係者)

 実家は30坪の2階建て。3000万円ほどで売却物件に出されているが、いまだ買い手はついていないという。裕太は9月9日の釈放以降、一度も姿を見せていない。

「埼玉にある精神科病院に入院していましたが、今は母と姉のこと美さん(30才)が暮らす自宅に戻り、引きこもり生活を送っているそうです。入院費用も生活費も全て淳子さんが出しています。結局、頼れる人は家族しかいなかったんです」(前出・高畑を知る芸能関係者)

 入院中から地方での舞台出演が続いた母に代わって、裕太の生活を見ていたのが姉のこと美だった。

「裕太さんはまだ憔悴状態で、ふらりと外に出て何かしでかしたら大変だと、お姉さんが24時間態勢で面倒を見ているといいます。“万が一、裕太がもう一度問題を起こせば家族みんなが完全に終わってしまう”という危機感が彼女には強いんです。事件以降は仕事も極力休んでおり、裕太さんの“監視役”にも近い状態だそうです」(前出・高畑を知る芸能関係者)

 頻繁に仕事の告知をしていたこと美のブログも、7月以降は更新が止まっている。この“監禁状態”を憂いているのが母である。

「淳子さんは母として前向きに更生させたい考えで、がんじがらめにする必要はないというスタンス。お遍路や禅寺修行など、一度外に出て自分を省みてほしいという思いが強い。考え方の違いから、母と娘でぶつかることもあり、険悪な空気になることもあるとか」(前出・高畑を知る芸能関係者)

 新居に引っ越す前に、今の戸建てを売却か賃貸に出すと思われていたが、裕太の処遇を巡って反発を強めた姉が、一人残って暮らす可能性もあるという。2016年の裕太は前厄にあたり、2017年は本厄にあたる。新たな一歩を踏み出せる日は遠い。

※女性セブン2017年1月5・12日号