Rotisserie inn.「ホールチキンとローストポテト」

写真拡大

 まもなくクリスマスがやってくるが、家族や恋人、友人同士で自宅パーティーをするという人も多いだろう。そんなクリスマスの食卓を飾る憧れの料理といえば、鶏の丸焼きだ。

 しかし、いざ「丸焼きを買ってみよう!」と思い立っても、普段あまり食べる機会がないため、「どこで買えばいいの?」「どのチキンが美味しいの?」などと、困ってしまいそうだ。

 そこで、今回は筆者が「2,000円前後で手軽に入手できる」丸焼きチキンを調査。調べてみると、都内だけでも多くの店で購入できることがわかり、それぞれ食べ比べてみたなかで「オススメのチキン ベスト5」を紹介したい。

●第5位 新宿小田急百貨店 ビッグ・オーブン「ロティサリーチキン」(税込2,500円)

 百貨店内に出店している店だが、運営しているのはアサヒブロイラーという、鶏肉の加工や販売、小売店の経営などをしている会社で、系列店の展開もしている。ちなみに、ロティサリーチキンというのは、鶏を丸ごと炙り焼きにしたものを指す。

 自宅の計量器に載せてみると、1羽の重さは約770gとズッシリ。たとえば4人で食べるとしたら、骨の重さなどを考えなければ1人約190gずつの計算になる。

 また、同店で購入して良かった点は、チキンの解体法の説明書が入っていたこと。少なくとも筆者は丸鶏を切り分けたことがなかったので、おかげでこれ以降に買ったチキンも上手に解体ができた。

 肝心の味だが、こんがり焼かれた皮が美味しい。中の肉はしっとり系で、脂身が少なかったからか、ヘルシーな気がした。大きな肉にためらいがある女性でも、食べやすいと思われる。

●第4位 Roties Tokyo「丸ごとチキン」(税込2,268円)

 こちらはもともと移動販売車からスタートし、2010年から世田谷区・用賀に店舗を構えたというロティサリーチキンの有名店。現在も曜日ごとに移動販売を行っているようだが、今回は丸ごとチキンを求めて店舗へ。

 今回の調査中にテイクアウトした店舗のなかで、唯一アルミホイルに包んでくれていて、チキンが冷めにくくなるよう配慮されている印象を受けた。さらに、「電子レンジOK」の容器つきだったため、アルミを外してラップをかけるだけで手軽に温め直すことができたのも嬉しい。1羽の重さは約710gで、4人で分けると約177gずつの計算だ。

 チキンは皮の塩気が強く、スパイスやハーブの香りがますます食欲をそそる。同店ではチキンを使ったお弁当メニューも豊富なので、ライスとの相性も考えられているのかもしれない。イタリア産の塩を使うなどこだわっているようで、ほんのり味が染み込んだ肉もしっとりして、食べ応えがあった。

●第3位 QUEEN OF CHICKENS ヨドバシAKIBA店「ロティサリーチキン」(税込2,678円)

 秋葉原のヨドバシカメラ8Fのレストランフロアに出店している店舗で、今回筆者が“2,000円前後”と限定して購入した中、税込でもっとも高額になったのがこちらのチキン。ただしその分、1羽の重さも約900gと最重量を記録し、4人なら1人約225gずつ食べることができる。

 また、こちらもテイクアウト用の容器でそのまま電子レンジに入れられるほか、「ロティサリーチキンの温め方」の説明書が添えられていて、家庭の電子レンジのワット数に応じて何分温めればいいのかわかるようになっていた。

 一番値が張っただけに、実際かなり美味しかった。14種類のスパイスに浸け込んだという“秘伝の味”は、確かにほかとは違う旨味が感じられ、柔らかい肉からジュワッと染み出す汁も、逃さず飲み干したくなるほどだった。

●第2位 ポヨ「ローストチキン」(※1,600円〜)

 脚本家・宮藤官九郎がテレビでオススメしていたこともある、吉祥寺駅前すぐの「ポヨ」。肉にはいくつか種類があり、今回は2,000円前後のものを比較したかったので、1,600円〜に設定されているローストチキンをチョイス。ところが、筆者が会計で支払ったのは税込1,577円だったので、購入したチキンの重さによって値段は前後するようだ。

 ちなみに、自宅で計量したところ1羽約710gで、なんと第4位の「Roties Tokyo」で購入したチキンと同じ重さ。安くてこの量ということに、ものすごいおトク感を感じた。また、こちらでも「温め方」の説明書をもらえる上、さらに「お醤油やマスタードをつけて食べても美味しい」といったプチ情報の記載もあり、味に変化をつけて楽しむこともできる。

 そして、同チキンの特徴は、なんといってもジューシーさだろう。今回紹介したなかで、見た目からしてダントツにジューシーなこちらの肉は、ナイフを入れると肉汁が溢れ出す。ローズマリーの香りが鼻をくすぐりつつも、味に関してはまったくクセがない。柔らかな皮、ぷりぷりの肉、優しい味付けのバランスが最高だった。

●第1位 Rotisserie inn.「ホールチキンとローストポテト」(税込2,300円)

 筆者の独断で選んだナンバー1は、北千住で購入したこちらのチキン。メニュー名どおり、ローストポテトがセットになっていて、副菜を用意する手間が省ける。1羽の重さは約780gで、ポテトを加えると約950gに。チキンだけでいえば、4人で分けると約195gずつ食べられる。

 味も濃いめで、パリッと焼かれた皮からはハーブの香りが広がり、肉は柔らかくて食べやすい。もちろん美味しい肉汁も堪能でき、口の中がパサつくこともなかった。さらに、付け合わせのポテト&玉ねぎにもしっかりスパイスが効いていて、単なるオマケではないことに感動したのだった。

 今回紹介したほとんどの店で、クリスマスに向けて予約を受け付けていた。今ならまだ間に合うかもしれないので、ぜひ気になる店をチェックしていただき、クリスマスの食卓の主役にしてもらいたい。
(文=編集部)