電車内の優先席の表示

写真拡大

 先月、動画共有サイト「YouTube」に投稿された動画がインターネット上で物議を醸した。

 その動画は電車内の「優先席」付近で撮影されており、優先席に座る撮影者の前に立つ年配男性が映っている。「日本語通じないのか」(年配男性)、「もう一回言ってみろよ」(撮影者)といったやりとりが交わされた後、年配男性が「だから、代わってくれって言うんだよ。席を」と発言していることから、どうやら優先席をめぐり口論になっていることがわかる。

 しかし、撮影者は「なんでだよ」「悪いけど、そういう人に譲りたくないわ。残念だったな」と、笑いながら拒否。年配男性が「そこ、優先席ってわかんないんだ?」と交渉をあきらめたところで動画は終了している。

 この動画に対して、ネット上では「優先席に座って偉そうにしている撮影者が悪いのでは?」という意見が寄せられている一方、「年配男性も高圧的で失礼に見える」といった指摘も少なくない。35秒の短い動画のため、この前後にどのようなやり取りがあったのか不明ではあるものの、賛否両論が巻き起こっている。この動画を見た20代の女性は、以下のように語る。

「電車に設けられている優先席は、『高齢者や身体の不自由な方、妊娠中の方などのための席』といった認識はあるけれど、『譲らなきゃいけない』と思うとプレッシャーに感じて、空いていても座りづらい。それに、万が一この動画のようなトラブルに巻き込まれたら、と思うと怖いです」

●優先席でトラブルになったら?鉄道3社を直撃

 ときにトラブルにもつながる優先席だが、各鉄道会社はどのように考えているのだろうか。そこで、JR東日本、京王電鉄、東京メトロの3社に取材を申し込み、優先席や電車内のマナーについて聞いた。

 まずは、「優先席とはどのような位置付けで、乗客に対してどの程度の拘束力を持つものなのか?」という質問だ。これに対して、JR東日本広報部の担当者は以下のように回答した。

「優先席は、ご高齢のお客さま、お身体の不自由なお客さま、妊娠中や乳幼児をお連れのお客さまなど座席を必要とするお客さまが安心して快適に列車をご利用いただけるよう、普通列車の各車両に設置しています。すべてのお客さまに安心してご利用いただくために、マナーとして席の譲り合いをお願いしているものです」(JR東日本広報部)

 この「譲り合いをお願いしている」という点は、言葉は違えど各社共通しているようで、京王電鉄広報部の担当者も、「優先席につきまして、弊社としてはお客さまにご協力をお願いしているかたちになりますので、拘束力はございません」という回答だった。

 東京メトロ広報部の担当者からも「優先席は、ご高齢の方だけでなく、お身体の不自由な方、内部障害がある方、乳幼児をお連れの方、妊娠している方も含めて席をお譲りいただけるようお願いをしている位置付けなので、現状拘束力はありません」と、いずれも「拘束力はない」との回答が得られた。

 では、仮に駅員や乗務員が優先席をめぐるトラブルに遭遇した場合、どのような対応をするのだろうか。各社の回答は以下の通りだ。

「車内でのお客さま同士のトラブルの場合には、状況によっては列車を降りていただくなどの対応をいたします」(JR東日本広報部)

「動画にあるような状況になりましたら、お客様に事情や状況をおうかがいいたします」(京王電鉄広報部)

「優先席には拘束力はないため、お客さまに優先席の趣旨をご理解いただけるようお願いをしております」(東京メトロ広報部)

●鉄道会社の考える電車内の迷惑行為とは?

 最後に、そのほかにどのような行為が電車内の迷惑行為に該当するのか、たとえば座席でにおいのきつい食べ物を食べている乗客に遭遇した場合、駅員や乗務員はどのような対応を取るのかについて、JR東日本広報部に聞いたところ、以下のような回答を得た。

「当社では、新幹線などにおける飲料・軽食・お弁当などの車内販売サービスも実施しておりますので、車内でのお客さまのご飲食を禁止しているものではありません。一概にはお答えできませんが、特にお客さまからのご意見が多いマナーについては放送などにより呼びかけを行うとともに、それ以外の事柄につきましても、周りのお客さまのご迷惑になると判断した場合には、適宜お声がけなどを行っております」(JR東日本広報部)

 京王電鉄広報部も「弊社として、どんなものが迷惑行為であるという定義はしておりません」とした上で、「車内マナーへのご協力のお願いとしては、『座席は詰めてご利用いただく』『足を投げ出して座ることへの注意喚起』『優先席の譲り合い』『リュックサックは前に抱えてご乗車いただく』『ヘッドホンからの音漏れへの注意喚起』『車内美化(ゴミや読み終わった新聞や雑誌)へのご協力』……基本的には、以上について啓発放送などを実施しております」と、具体的な項目を挙げた。

●勝手に撮影、SNS投稿は違法行為に該当も

 一方、当該動画のように、優先席に座りたい意思を示している人がいるにもかかわらず、対象外と思われる人が譲らない場合、法的責任が生じることはあるのだろうか。弁護士法人ALG&Associates弁護士の榎本啓祐氏は以下のように語る。

「『優先席を譲る義務』などを定めた法律はなく、法的責任は発生しないと考えられます。あくまでもマナーの問題になります。そのため、仮に譲らないことで高齢者や妊婦の方が体調を崩したとしても、法的責任が生じる事態は考え難いです」(榎本氏)

 やはり、優先席の使用は乗客のマナーやモラルに任されるようだ。一方、当該動画では被撮影者である年配男性の顔にモザイクなどの処理が施されていないままアップされているが、これに関して問題はないのだろうか。

「対象者の同意なく他人を撮影し、写真や動画をネット上に掲載する行為は、肖像権侵害として違法になる可能性があります。肖像権とは、『みだりに自己の容貌や姿態を撮影されたり、撮影された肖像写真を公表されたりしないという人格的利益』などとされ、過去の裁判例でも認められています。具体的な撮影行為が違法となるかどうかは、撮影対象が誰であるか、撮影の場所、撮影の目的、撮影の態様など、さまざまな事情を考慮して決定されます。

 肖像権侵害にあたるか否かはさまざまな事情を考慮して判断されるので、被撮影者が有名人ではなく一般人であっても、ほかの事情から肖像権侵害と判断されることはあり得ます。また、撮影場所が部屋の中などプライバシーな空間ではなく公共の場における撮影であっても、肖像権侵害と判断される可能性はあります。

 今回の動画については、電車内という公共の場にて撮影されたものと考えられますが、個人の顔が明確に判明する態様で撮影されています。また、撮影および動画アップの目的も、被撮影者の言動を非難するためにされたと考えられるものであり、被撮影者の心理的負担を生じさせる可能性があると考えられます。したがって、今回の動画撮影およびネット上へのアップ行為が肖像権侵害と評価され得る行為であることは免れません。

 今回の件に限らず、最近は『街で見かけた変わった人』などを許可なく撮影し、写真や動画をSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に投稿する行為が多々見受けられます。しかし、こういった行為は肖像権の侵害として違法とされ得る行為であることを、SNS利用者は正しく認識する必要があるでしょう」(同)

 いずれにせよ、電車内の調和は乗客同士の思いやりや譲り合いで成り立つ部分が大きいと考えられる。面倒がらずに相手の立場を思うことで、自分にとっても快適な空間となるだろう。
(文=編集部、協力=榎本啓祐/弁護士法人ALG&Associates弁護士)