「Thinkstock」より

写真拡大

 国内最大級のゴルフ場運営会社、アコーディア・ゴルフを、投資ファンドのMBKパートナーズが買収する。MBKはTOB(株式公開買い付け)により完全子会社にする。

 買い取り価格は1株当たり1210円。過去6カ月間の平均株価に12%上乗せした額だ。アコーディアの借り入れ(636億円)の肩代わりを含めた買収総額は1489億円。TOB期間は2016年11月30日から17年1月18日まで。来春にも上場廃止となる。MBKは取締役の過半数を派遣する。

 アコーディアは16年6月、田代祐子氏が新社長に就任した。同氏は、米トレド大を卒業後、米大手会計事務所KPMGでパートナー(共同経営者)の地位に上り詰めたキャリアウーマンである。27年間、米国で実績を積んだ後に、外資系企業の日本法人で要職を歴任。12年からアコーディア・ゴルフの社外取締役を務めていた。日本マクドナルドホールディングスの社外監査役でもある。

 MBKによる買収計画は二転三転した。16年7月、MBKがアコーディアを1600億円で買収する計画があると海外メディアが伝えた。買収計画が報じられて以降、アコーディアの株価は1カ月で10%上昇。8月には、株価上昇を理由にMBKは買収する計画を断念した。

 だが、株価が下がり元の水準に戻ったことから買収計画が再燃。1489億円で買収することで合意した。MBKは当初計画していた1600億円より100億円以上安く買うことができたわけだ。

 MBKは米国の投資ファンド、カーライルグループの出身者が創設した投資ファンド。日本ではライブドアの子会社だった会計ソフトの弥生、真珠のTASAKI、テーマパークのユー・エス・ジェイ、珈琲チェーンのコメダホールディングスなど5社に投資した実績がある。

●旧村上ファンド系は保有株式のTOBに応じる

 アコーディアは、全国約2400のゴルフ場のうち135コースを運営する業界最大手だ。17年3月期の営業収益は前期比0.3%増の487億円、営業利益は0.1%減の73億円、純利益は17.6%減の45億円を見込んでいる。

 企業体力が残る、今のうちに上場を廃止することで、これまで配当など株主還元に充てていた資金を成長投資に振り分ける方針に転換した。田代氏は「老朽化した設備を更新し、女性など新たな顧客を呼び込みたい」と述べている。

 だが、こうした公式発表を額面通り受け取るゴルフ場関係者はほとんどいないといわれている。かつて一世を風靡した、M&AコンサルティングやMACアセットマネジメントを中核とした投資ファンド、通称「村上ファンド」と縁を切るための“手切れ金”というのが大方の受け止め方だ。旧村上ファンド側から見れば、投下した資金の“出口戦略”となる。

 アコーディアの筆頭株主は、「物言う株主」として一躍脚光を浴びた村上世彰氏と関係が深い投資ファンドのレノ(保有比率9.93%)、村上氏長女の野村絢氏(同9.87%)、オフィスサポート(同2.98%)で、合計22.78%を持っている。レノなどはMBKのTOBに応募することで合意している。アコーディアは、これでやっと旧村上ファンドのくびきから解き放されることになる。

●アコーディアとPGMの攻防戦

 13年1月、旧村上ファンドがアコーディアの大株主として登場した。ライバルのPGMホールディングスがアコーディアに敵対的TOBを仕掛けていた渦中のことだ。

 アコーディアがゴルフ場運営を始めたのは03年。経営破綻したゴルフ場最大手、日東興業などが保有するコースを米投資銀行のゴールドマン・サックスが買収。そのコースの運営会社としてアコーディアを立ち上げ、06年11月に東証1部へ上場を果たした。

 ゴールドマンは11年1月、保有するアコーディア株式をすべて放出。これを機にPGMが敵対的買収に乗り出し、PGMとアコーディアは壮絶な死闘を繰り広げた。

 PGMは12年11月、アコーディアに敵対的TOBを開始。これを絶好のチャンスと判断した旧村上ファンドのレノが参戦した。13年1月、レノが関連企業と共にアコーディア株の20%超を取得してキャスティングボートを握った。

 レノはアコーディアに「自分たちの要求をのまなければ、PGMのTOBに応じる」と揺さぶりをかけた。アコーディアが「自社株買いを実施する」というレノの要求をのんだため、レノはTOBに応じず、PGMの狙いは失敗に終わった。

 だが、レノはさらに追撃した。アコーディア株式を買い増して14年8月までに保有比率を34.62%まで高めた。

●野村絢氏がデビュー戦を飾る

 アコーディア側は奇策に打って出た。14年8月、保有するゴルフ場の7割に当たる90カ所をシンガポールのファンドに売却し、1117億円以上の資金を手にした。その資金で450億円以上の自社株をTOBで買い入れた。

 ゴルフ場の売却で資産を切り離したため、本体には優良資産がなくなった。PGMの敵対的買収を撃退する焦土作戦だった。同時にゴルフ場の売却で得たカネで、レノから要求されていた自社株買いの原資を手入れた。一石二鳥の奇策だったことになる。

 レノら旧村上ファンドはアコーディアの自社株買いに応募し、296億円の現金を得た。この結果、保有比率は34.62%から15.1%に低下した。

 そして今回、買い増した分を合わせた22.78%全株について、MBKのTOBに応じて194億円を手にした。合わせて490億円をゲットしたことになるが、これまでに投じた金額は380億円程度とみられているため、アコーディア株のマネーゲームでは110億円程度の利益を叩き出した計算になる。

 旧村上ファンドの後継者である野村絢氏は、デビュー戦を勝利で飾ったことになる。
(文=編集部)