オシャレな雰囲気や美味しい料理、夜景…、失敗できないデートの条件として揃えたい条件はいつくかある。そのひとつが“カップルシート”ではないだろうか。まるでこの世界に2人だけしかいなくなってしまったかのように感じさせてくれる魔法のカップルシートを持つ、極上レストランをご紹介。



全面に広がる東京の夜景は、いつまでも眺めていたくなる
東京の夜景を一望できる贅沢なホテルバーラウンジ『スカイラウンジ ステラガーデン』

赤羽橋


同じ東京タワーでも見る角度によってこんなに違うものか、と驚かされる。ふもとから眺める圧巻の東京タワーから一転、ザ・プリンス パークタワー東京33階 の『スカイラウンジ ステラガーデン』の窓からは、まるで東京の街を手に取るように、‘THE TOKYO’にふさわしい夜景が楽しめる。



ゆったりと語らえるペアシートは人気No.1

さらに雰囲気を盛り上げてくれるのが、ゆったりとしたソファで2人きりの時を過ごせるペアシート。

オリジナルのカクテルを楽しみながら眺める東京タワーは、まさに唯一無二の絶景。



大都会・東京の摩天楼が一望できる

映画のワンシーンのような風景を眺めながら、2人のデートに華を添えるのは、旬の素材にこだわるスペシャリティカクテル。マティーニスタイ ル・モヒートスタイル・ベリーニスタイルを中心に、シンプルなのに果実感たっぷり、風味豊かに提供してくれる。

ワインセラーを併設し、ソムリエが最高の状態を管理しているから、ワインやシャンパンも心行くまで楽しめる。


フードメニューも充実。ローストビーフを贅沢に使用したサンドウィッチなど、ホテルバーだからこその贅沢な一品をいただける。

目の前に輝く東京タワーと大都会の摩天楼を眺めながら、その日の気分に合わせたカクテルを楽しめば、2人の距離は急接近すること間違いなし。


ホテルで夜景を見ながらのカップルシート、最高!



浜離宮側に大きく窓を開いた店内。抑えた色調に、店名由来の青が効果的に配される
東京湾をひとり占め!世界屈指のモダンチャイニーズ『チャイナブルー』

汐留


まさにトワイライトブルー。夕暮れどきのこの店を訪れると、その言葉をしみじみ実感する。

店名に付く“ブルー”は、高さ8mという窓から東京湾の青を望み、夕闇や夜のネオンを受けて、店内が青々とした光に包まれることを意味している。



夜景を望む広々としたメインフロアの壁側に、カップルシートが4席。写真のようにソファは楕円形で、背もたれの背が高く、プライベート感は満点。

そんな雰囲気を特に満喫できるのが、4席備えるカップルシートだ。こちらでは敢えて窓の全景を望める壁側に配置。とはいえ楕円形の背の高いソファは、他客の視線や会話をカットし、プライベート感を十分に演出している。



日本の食材を生かしたモダンチャイナが楽しめる ※メニューの一例

料理はモダンチャイニーズを提供。シェフの多彩な食材使いが魅力で、健康と美容、そして四季をテーマにした新感覚の中国料理が、常に驚きと感動を与えてくれる。

トワイライトブルーの中で味わう美食が、二人の時間を盛り上げるだろう。


カップルシートで、焼肉も!



左.韓国麺を使った「塩冷麺」1,050円。牛スジと野菜などで出汁を取ったさっぱり塩スープで〆にピッタリ。
カップルシートと極上肉でいつもの焼肉をプレミアムなデートへ『べこ亭 自由が丘店』

自由が丘


聖なる夜には、横並びで焼肉デートというのも魅力的だ。たまプラーザの人気店『べこ亭』が、自由が丘に進出したのは2010年のこと。以来、絶大な支持を集めている。

自由が丘駅の喧噪を逃れた閑静な一角にあり、焼肉店には珍しく“横並び焼肉”を叶えてくれるカップルシートも完備。大人の焼肉デートにはもってこいだ。

都心では貴重な駐車場を10台完備しているのも嬉しい。店内は、“古きよき時代”の古民家にあった家具を移築。吹き抜けの高い天井で開放感があり、それでいて各テーブルはボックス席のように区切られているので、プライバシーも保たれている。



選び抜かれた最高級黒毛和牛(雌牛)の数々。

雰囲気だけではない。もちろん肉のクオリティの高さも最上級。扱うのはA5ランクの黒毛和牛雌牛の中でも仙台牛や静岡そだちなど最高級ブランド牛ばかりで、ここを訪れれば極上の肉に出会えると、リピーターが後を絶たない。

きめ細やかで美しいサシが入ったA5ランクの雌牛は融点が低いため、舌の上で甘い脂がスーッととろけていく。その一方でしつこくなく、後味さっぱり。まさに焼肉に最適なのだ。



焼き台は無煙ロースターなので煙が出ず、臭いを気にせず楽しめる。

上質な一軒家ダイニングは、そこが焼肉店であることを忘れてしまうほどだ。

“焼肉×カップルシート”という抜群のシチュエーションで、今宵確実に彼女を落としたい。