あなたのまわりにもいませんか? なんだかいつも“運のいい”女友だち。

「不幸な姿を一度も見たことがない」
「難しそうなことも難なく乗り切っている」
「いつの間にか、非の打ちどころもない彼氏を作っている!!」

……数え上げたらきりがないくらい、コミュニティに1人は、この手の「強運女子」がいますよね。なんでか分からないけど「薄幸」さを微塵も感じさせない彼女たちは、実際に日々着々と幸運を引き寄せている様子!  

そんな、幸せそうな愛されオーラをもつオンナたちの共通点を、エキサイト電話占い、人気占い師の彩寿圭(さほか)先生がお答えします!



愛されオーラ=バラ色


必見!「オーラ色の3原色」


オーラは色の3原色から成り立っています。「黒」はそれらが混ざりあい調和がとれている状態であり、「白」は全てを光に変えた状態です。黒と白は、端的にいうとプラスとマイナス両極端な意味を持ちますが、ある意味中和がとれているのです。中和する前に3原色が混ざりあっていろんな意味をなしてゆきます。

■黄色
「黄色」は知性、「赤」と混ざり「オレンジ色」に近くなると野心的な側面も現れます。知的な言葉のキャッチボールを楽しめる、愛されオーラです。
■緑
知的な現実と崇高な思慮深さを持つ「青」の混ざった「緑」は、自然や家族を大切にしている調和を重んじる寛容さを持つ愛されオーラの人です。
■バラ色
友愛・情熱・親愛などを意味する「バラ色」が、明るく温かく、幸せに見えるカラーです。「バラ色の人生」の言葉のモチーフはオーラの色でもあります。

さらに、色の濃淡からも意味が変わってきたりします。もちろん、オーラは「バラ色」をはじめ上記の色だけでなく、「オレンジ」「紫」など、いろいろあります。

愛されオーラを持つ女性の共通点


その1.華やか


バラ色の愛されオーラを持つ人は、華やかさがあります。柔らかさと余裕があり、ピンチのときでも「なんとかなるさ!」と思えるポジティブ思考の持ち主。相手や出来事を尊重し、自分の心も体も大事にできる人です。嫌なことがあっても水に流せる強さと自信があり、柔らかな物腰とあたたかさで抜群の存在感を示しています。

その2.柔軟な強さ


自分を守らなければならない場面でも、愛されオーラを持つ人は柔らかな強さを発揮します。サバサバした相手を跳ね除けるような強さではなく、相手を柔らかく受け止め、その柔らかさを保ったまま相手が心地よいと思えるしなやかさで返し自分を守ります。

その3.控えめな協調性


自分のことばかり強調するのではなく、自分の心と体、周囲との関係性を尊重したうえで、へりくだることのない協調性を持っています。他人の意見も聞きながらきちんと自分の心にも目を向け、相手をうやまうことができる心の持ち主です。

その4.「男らしい」振る舞いをしない


自分の女性性に目を向け、男性に対抗するのではなく男性と共存する姿勢を保てる人です。「私って男みたいだから」と、無理に男性のような振る舞いをするのではなく、自身の女性性を認めて上手に活かす方法を知っています。

愛されオーラを意識的に放つには?


オーラの正体は、沸騰した湯気のように噴出している細かい粒子です。たぶん想像されるよりも勢いよくかなりの量の粒子が私たちの体から放出されています。粒子の本質は念力が形になったものだと言われています。
そのため、明るいことを考えればオーラが明るくなり、悲しいことがあれば暗い煙のようなカラーを放ちます。オーラの本質はモチベーションと起因していきます。つらいことがあっても、一日一回鏡を見て笑顔を作ること。口角をあげてみましょう。「きっとうまくいく、大丈夫!」と自分に言い聞かせ、自信を持たせること!よい睡眠をとり体調を整えること。

人は、幸せになるために生まれてきました。幸せそうにしていると、幸せはやってきます。幸せの次に不幸がくると思うと思わぬ事態が起こります。用意や準備は必要ですが、全力を尽くしたら「私は大丈夫!」と自分を励ますことで「幸せオーラ」「愛されオーラ」を放っていくことができるのです。

「今まで鑑定してきたなかで、自分のことを“男前”とおっしゃる女性ほど、女性らしい心を持っている人はいない」と彩寿圭先生。自分のオーラの状態を確認、知りたい人は、ぜひ彩寿圭先生までご連絡くださいね。

●取材協力:エキサイト電話占い 彩寿圭(さほか)先生

(しょう)