前編「オーバーロード 不死者の王」は17年2月25日公開 (C)丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード製作委員会

写真拡大

 丸山くがね氏の小説をアニメ化したテレビシリーズ「オーバーロード」の劇場版総集編が、前後編2部構成で上映されることが決定した。前編「劇場版総集編 オーバーロード 不死者の王」は2017年2月25日から、後編「漆黒の英雄」は17年3月11日から、角川シネマ新宿、池袋シネマ・ロサほかで全国公開。キャラクター原案を務めたso-bin氏描き下ろしの「不死者の王」キービジュアルも公開されている。

 「オーバーロード」は、サービス終了を迎えたオンラインゲームのプレイヤーである主人公・モモンガが、見たこともない異世界に転移し、骸骨の姿をした大魔法使い・アインズとなって、ギルドを率いて覇権を目指していく姿を描くダークファンタジー作品。テレビアニメ版は15年7月から、全13話が放送された。

 なお、12月3日からは各公開劇場で、so-bin氏による描き下ろしティザービジュアルとアニメ背景美術を使用したポストカードセットが付属する特典付き前売り券第1弾が発売される。価格は1500円(税込み)。