腕を回して肩甲骨を刺激!プロのスタイルキープ習慣

写真拡大

体を扱う仕事をしているプロたちは、毎日のケアも怠りません。しかし、忙しい毎日の中ではあれもこれも行うのは無理。

そこで今回はヨガインストラクターの筆者が、全身の循環を良くし、代謝を上げる毎朝のエクササイズを教えます。

筆者も毎日のケアは欠かしませんが、効率が良くや簡にで続けられるものを選んで日課にしています。

■下半身の循環はとても大切

筆者の記事では定番の“姿勢の大切さ”と“下半身の循環の大切さ”の2つ。毎日欠かさず意識しています。特に朝起きたときに必ず行うのは、体を目覚めさせるための“循環エクササイズ”

下半身に下がって血液を心臓に戻しやすくしながら、こわばった体をほぐし、循環と代謝を上げていくエクササイズです。むくみにも効果絶大! 脚やせが可能です。

■毎朝必須!循環を良くするエクササイズ

(1)足を腰幅に開いて立ちます。

(2)両腕を腕の付け根から大きく後ろに回しながら肩甲骨を動かしていきます。

img_0303

(3)同時に両足のかかとをしっかりと上げたり下ろしたりしていきましょう。

img_0267

(4)足の親指の付け根で支えるようにしながら、足のバランスが崩れて足の外側に体重が逃げないように注意しましょう。

(5)なるべくリズミカルに30〜40回を目安に行います。

朝は毎日必ず。できれば朝、昼、晩と計3回行うとより効果的でしょう。難しいのであれば、腕回しは朝、かかとの上げ下げは1日3セットと無理なく行えるように調整するよいでしょう。

■夜にはしっかり伸ばすのもオススメ!

1日の中で凝り固まった体をまんべんなくストレッチするのはオススメですが、毎晩時間を取るのは難しいかもしれません。そんなときはやっぱりふくらはぎを中心に伸ばすクセをつけておきましょう。

ふくらはぎは第2の心臓といわれます。下半身のむくみや冷えを予防するために固まてしまわなようにすることが大切。

写真のように、丸めたヨガマットや本などで段差を作り、土踏まずより上を乗せるだけ。ふくらはぎの上部に刺激が入る位置を探し、気持ち良いと感じる程度にキープしていきましょう。

img_0187

いかがでしたか? エクササイズもストレッチも、体の循環を良くする事を意識して行うのが大切です。簡単ですぐにでも取り入れられるものばかり。是非試してみて下さいね!

【筆者略歴】

yuuka ・・・ 『マナヨガ』代表。ヨガ、整体、体幹トレーニング、ウォーキング等、研究を続け『マナメソッド』を発案。本来持っているその人の個性や美しさを引き出すことで定評があり、現在パーソナルトレーニングは予約待ち状態。