紅白のOP曲を書き下ろすことが決まった鷺巣詩郎

写真拡大

12月31日(土)夜7時15分から放送される「第67回NHK紅白歌合戦」(NHK総合)のOP曲を作曲家の鷺巣詩郎が務めることが発表された。

ハーフタイムショーにはピコ太郎と渡辺直美が登場

鷺巣は80年代初頭のアイドル歌謡曲から、近年のJ-POPとクラッシックのクロスオーバーまで幅広い音楽を手掛けてきたヒットメーカー。映画、TVなど映像音楽分野でも活躍し、最近ではアニメ「エヴァンゲリオン」シリーズや、ことし話題になった「シン・ゴジラ」の音楽を担当し、話題になった。

OP曲のタイトルは「Fly into the Sun」。この曲には「明るい未来のシンボルである初日の出に向かって、今宵みんなで飛翔しよう」というポジティブなメッセージが込められている。

録音はロンドンと東京で実施され、合唱を交えた豪華な楽曲がオープニングを飾る。