ジャガーが2016年11月のロサンゼルスモーターショーで初公開した、量産EVクロスオーバーSUV「I PACE」コンセプトの市販モデルプロトタイプをカメラが捉えました。

1

「I PACE」はこれまでのSUV概念にとらわれない、流線型の美しいシルエットを持ったスタイルを特徴としています。

今回捕捉したプロトタイプは、兄貴分「F-Pace」のボディを使用したミュールですが、ホイールベースが切り詰められるなど、コンパクトなボディを予測させます。

ボディサイズは、「F-Pace」より全長が50mm、全幅が40mm、全高は90mm短縮され、車重は2,100kgと噂されています。

予想される市販モデルのスペックは、発表されている数値と若干異なり、前後に搭載されるモーターは、合計で395ps、700Nmを発揮します。充電時間は80%を90分、100%を120分で完了します。

また一回の充電で約450kmの航続距離を実現するといい、0-100km/h加速を4秒で駆け抜けるパフォーマンスも魅力です。

(APOLLO)

ジャガー初のEVクロスオーバー「I PACE」、2018発売に向け市街地でテスト走行!(http://clicccar.com/2016/12/22/427883/)