日本のお笑い界をけん引している、ダウンタウンの松っちゃんこと松本人志さん。


(C)2016 YD Creation

テレビや舞台というお笑いの枠を超え、このたびAmazon プライム・ビデオで新しく配信されるバラエティを手掛けることに!

『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』と銘打った本シリーズは、松本さんにより選ばれた気鋭の芸人さんたちが、ひとり参加費100万円(!)を支払い、笑いを仕掛け、自分は笑いに耐えて最後のひとりになり、賞金1,000万を勝ち取るという“密室笑わせ合いサバイバル”です。

Noshでは、本作を手掛けた松本さんのインタビューを収録いたしました!


(C)2016 YD Creation


Q:『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』はずっと温めていた企画ですか?

松本人志(以下、松本):地上波の放送をやっていると、老若男女、皆さんに楽しんでいただける内容にするために、いろいろな要素を取り入れなきゃいけないんです。

例えるなら、地上波はケチャップをつけたり、マヨネーズをつけたりと調味料が必要だけど、『ドキュメンタル』に関しては、お刺身という素材のうまさだけで勝負できる。

面白いことだけをできる機会はないかなと場所を探していたので、本当に僕のやりたいことだったと言うんですかね。

Q:『ドキュメンタル』という言葉は造語ですよね?

松本:ドキュメンタリーとして追いかけたほうが面白い、という発想があったんです。

TVは最終的にギャラが出るから頑張れるところがあると思うけど、『ドキュメンタル』は自分の100万を失ってしまうかもしれないと。

メンタルがやられる環境の中で、そこを面白がりたいなっていうのがあったので、この造語がしっくりきました。

Q:宮川大輔さんやジミー大西さん、斎藤司さん(トレンディエンジェル)など、バラエティに富んだ10名の出演です。

松本:「個性のぶつかりあい」、「“ツッコミ”の存在しないお笑い」、「キャラクターだけで笑いを作ることができるか」などを考えているときに、今回のメンバーは一般の中では機能していない、ちょっと問題のあるギリギリな人たちを集めたかな(笑)。


(C)2016 YD Creation

Q:今回、芸人さんに縛った理由はありますか?

松本:芸人って防御だけするという人がいなくて、攻撃したがる人が多いんですよ。

というのは、芸人は攻めの姿勢が強いから、笑わせようとしかけるほうが多い。

「芸人のサービス精神」に期待したかったというか、僕が見たかったのもあって、今回は芸人だけで選定しました。

ただ、今後は芸人に関わらず、もっと言えばタレントに関わらず選出したら、いつかとんでもないことが起こりそうって思います。

Q:シリーズということですが、今後松本さんがプレイヤーとして参加する予定はありますか?

松本:そうですね。やる気はもちろんありますし、僕がやる場合は1億でやりたい!……言いすぎました(笑)。

でも参加費1,000万円、賞金1億は、やってみたいよねえ……。

Q:ちなみに、参加した場合「やっかいだなあ」と思うメンバーを挙げるとしたら誰でしょう?

松本:ジミーちゃんは嫌ですねえ!

いわゆる計算をしてこない笑いが、すごい嫌。こういう人がこわい。

いわゆる笑いのテクニックは持ってないけど……、一種の出てきた頃のボブ・サップ的なね(笑)。


(C)2016 YD Creation

Q:松本さんはお笑いの中でも戦い、瞬発力を試すような企画が多いですけど、ご自分でも競争心は持っていますか?

松本:小学生くらいからありましたかね。

子供の頃からずっと一番になりたいという気持ちで、クラスの中で一番面白くなりたい、学年の中で一番……、学校で、大阪で、そして日本で一番面白くなりたいって。

そんな思いはずっとありますね。本当にお笑いって何なんだろうって思いながら日々過ごしているんですよ。

僕は一番を取らないと、人って向上しないと思っています。(文:赤山恭子)

『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』はAmazon プライム・ビデオにて独占配信中です!

【関連記事】

※ ムロツヨシに単独インタビュー!映画「疾風ロンド」撮影裏話を語る

※ 「この作品に関われてよかった」と思う瞬間とは?古川雄輝に単独インタビュー

※ 古川雄輝に単独インタビュー!ネタバレぎりぎり、最新作の愛について語る

※ 青木崇高に独占インタビュー!最新作出演への経緯は「小栗旬に口説かれた」

※ 「“溺れるナイフ”は一生の思い出だし忘れられない作品」小松菜奈にインタビュー!