1

by Andrew Sutherland

「モルモン教」の名で知られる「末日聖徒イエス・キリスト教会(LDS)」についての秘密文書を公開する「MormonWikiLeaks」というサイトが登場しました。誕生は2016年12月19日と直近ですが、すでにいくつかの文書が公開されています。

MormonWikiLeaks

https://mormonwikileaks.com/



‘MormonWikileaks’ website launched, seeking transparency in LDS Church | fox13now.com

http://fox13now.com/2016/12/19/mormonwikileaks-website-launched-seeking-transparency-in-lds-church/

Leaked Videos Pull Back Curtain on Mormon Leadership - The New York Times

http://www.nytimes.com/2016/10/07/us/mormon-videos-leaked.html

The Ex-Mormon Exposing the LDS Church With a Whistle-Blowing Website | Broadly

https://broadly.vice.com/en_us/article/the-ex-mormon-exposing-the-lds-church-with-a-whistle-blowing-website

モルモン教の情報を公開する存在としては、このMormonWikiLeaksに先駆けて、YouTubeに「Mormon Leaks」というチャンネルがあり、これまでに18本の映像を公開しています。

映像の中には、モルモン教の最高幹部たちが同性婚やマリファナ、ソマリアの海賊、「教会はWikiLeaksで弱ってしまうだろうか」といった話題について議論する様子や、ユタ州元知事のマイケル・レヴィット氏が中絶や同性婚と「戦う」ためにモルモン教・カトリック・福音派で連合を作ろうとしていると語る様子などが含まれています。

Mormon Leaks - YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCJTIFO9JJWiXABNXHDUKj4A



モルモン教はソルトレイクシティの教会で年2回会合を行っていて、映像は2007年から2012年にかけての会合で撮影されたもの。教会のメディア関連ディレクターであるエリック・ホーキンズ氏によると、これは会合に来られなかった人のために撮影された公式なもので、手続きをすれば見られるように用意されていたとのこと。

映像を公開したのは元モルモン教徒のライアン・マックナイト氏。映像は本人が用意したものではなく、Reddit経由で関係者とみられる人物から連絡があって入手したものだそうです。

Mormon Leaksは大きな注目を浴び、マックナイト氏のもとには連絡を取ろうとする人が続出しましたが、「もしマックナイト氏のPCがハックされて、リークした側の情報が漏れたら」と心配する声もまた多く存在しました。そこでマックナイト氏はWikiLeaksにヒントを得て、WikiLeaksのモルモン教版ともいうべき「MormonWikiLeaks」を設立することになりました。

マックナイト氏が目指すのは「透明性の確保」。教会は1960年以前は会員向けに年次報告書を作成して損益を明らかにしていたのですが、現在は報告書を一般会員が見られないようにしています。また、教会での日々の活動についても共有されていない部分が多く、運営に不透明な部分があります。MormonWikiLeaksでは、モルモン教が「地球上で唯一まことの生ける教会(the only true and living church upon the face of the whole earth)」と標榜しているのだから、多くの宗教法人や慈善団体がそうであるように透明な運営を行うべき、と考えて情報公開を行っているそうです。

安全面を考えて、MormonWikiLeaksでは情報提供システムとしてワシントンポストなどでも導入されているオープンソースの「SecureDrop」を利用しています。

文書を安全に匿名の情報筋から得ることを可能にするオープンソースシステム「SecureDrop」 - GIGAZINE



すでにマックナイト氏のもとには情報が続々と集まっているようで、情報の公開が始まっています。

MormonWikiLeaks™ released FOUR documents on Monday. Here are the links to all 4 of the documents:

The FIRST document...MormonWikiLeaksさんの投稿 2016年12月21日


ちなみにモルモン教は熱心な勧誘活動で知られていて、外国人タレントとして有名なケント・デリカットさんやケント・ギルバートさんは宣教師として来日しています。

モルモン教の活動で知られているものの1つが、人の集まる駅前などで無料英会話教室のビラを配っている「GOEIGOミッションスクール」。この英会話教室では、日本で伝道活動を行うために来日したモルモン教の宣教師が講師を務めています。公式サイトの「よくある質問」によればクリスチャンである必要はなく、礼拝行事への参加も強制ではないものの、キリスト教について学ぶことが英会話参加の条件だとのこと。

「モルモン教がやっている教室なら勧誘がセットなのではないか?」という疑問については、「勧誘らしい勧誘は存在しない」という人から「電話勧誘までされて大変だった」という人まで様々なので、「どんな人に当たるのか」という運次第の部分がありそうです。

モルモン教会のフリー英会話レッスンについて - 英語 | 【OKWAVE】

http://okwave.jp/qa/q100699.html

Goeigoの真実 | 無宗教の僕が教会の英会話教室に参加したら・・・

http://goeigo.eigostudy.net/