ユン・ヒョンミン、新ドラマ「トンネル」に出演確定…チェ・ジニョクとダブル主演を務める

写真拡大

俳優ユン・ヒョンミンがドラマ「トンネル」で半年振りにカムバックを確定した。

ユン・ヒョンミンは2017年3月放送予定のOCNオリジナルドラマ「トンネル」(脚本 イ・ウンミ、演出 キム・ギョンチョル) にチェ・ジニョク、イ・ユヨンに続き、主役としての出演が確定した。

「トンネル」はジャンル物の名家OCNの2017年上半期の野心作である。1980年代にあった女性連続殺人事件の犯人を捜していた主人公が2016年にタイムスリップし、過去と現在の連結点を発見し、再び始まった30年前の連続殺人事件を解決していく、犯罪捜査ドラマである。

ユン・ヒョンミンは現場勤務を買って出る、警察大出身のエリート刑事キム・ソンジェ役に扮する。いつも何も考えていないような雰囲気から、警官らしくない感覚的なファッションまで披露する。

過去から現在に来た「昔」の刑事パク・グァンホ役のチェ・ジニョクとは対照的な「最近」のスマートな刑事らしく、相反する魅力でパートナーとのケミ(ケミストリー、相手との相性) とともに、また違う存在感を漂わせる予感だ。これでドラマ「トンネル」のツートップが確定したことにより、関心と期待が高まっている。

所属事務所は「俳優本人がまず作品のあらすじを検討してから、ストーリー、キャラクターすべてを欲張るほど、今作品に対する愛情は大きい。『ソンジェ』役が深い事情を持っている役なだけに、今作品を通してより幅広い演技を見せるだろう」と期待を伝えた。

ユン・ヒョンミンは先日、JS Picturesマネジメントと専属契約を締結し、今回のドラマ「トンネル」でカムバックするとともに、俳優としての第2の跳躍を控えている。