イ・ジョンジェ主演映画「大逆転」緊張感溢れるスチールカットが公開

写真拡大 (全3枚)

映画「大逆転」(監督:イ・ジュン、配給:DOKIエンターテインメント) が、危機一髪の瞬間が盛り込まれた10種類のスチールカットを電撃公開した。

トップ俳優イ・ジョンジェ主演で話題を集めている超大型アクション映画「大逆転」は、中国と韓国のアジアンカップ決勝戦当日、スポーツギャンブラーのクァク・ジダが中国チームの攻撃手であるリ・ウィエの妻を拉致した後に、ゴールを決めなければ妻を殺すと脅迫して繰り広げられる物語を描いた超大型アクションブロックバスターだ。

「大逆転」は2017年1月の韓国での公開が決定して注目を浴びている中で、一触即発の危機的状況が盛り込まれたスチールカット10種類を公開した。

本日(22日) 公開された「大逆転」のスチールカットは、一触即発の危機の状況はもちろんのこと、イ・ジョンジェのカリスマ性が見る人を圧倒する。特にいつ爆発するかも分からない爆弾をかろうじて持っているカン・スンジュンチーム長(イ・ジョンジェ) の姿と共に、悲壮な表情で誰かに銃を向けている精神科医ヤン・シ(ラン・ユエティン) の姿、体に爆弾を巻かれたまま縛られている女性とバスケットボールのゴールポストに手が縛られているテロリストの姿が、一触即発の危機的状況を見せて緊張感を加える。

ここに手錠がかけられたヤン・シとアン刑事(イ・チェヨン) の対比的な状況と事件専門担当チームの姿は、状況の深刻性をより一層倍増させている。それだけでなく、カン・スンジュンチーム長とテロリストの弟であるクァク・ジファ(ウォレス・チョン、鐘漢良) の対立は、妙な緊張感を呼び起こしている。

「大逆転」は、「10人の泥棒たち」「新しき世界」「観相師」「暗殺」など、多様な作品で印象深い演技を披露している演技派イケメン俳優イ・ジョンジェと、イ・チェヨン、ナム・ギョンジュなどの韓国人俳優が出演して熱演を繰り広げた。韓国で1月に公開される予定だ。