キム・ユジョン、浮上した態度議論について謝罪「深く反省している」

写真拡大

女優キム・ユジョンが映画「愛してるから」の舞台挨拶の中で浮き彫りになった態度議論に対してコメントを明らかにした。

22日、キム・ユジョンの所属事務所sidusHQ側は「最近オンラインで提起された公式席上でのキム・ユジョンの態度に関する問題点をすべて認識している」とし「キム・ユジョンもまた自身の態度による議論について深く反省している」と述べた。

続いて所属事務所は「常に信頼してくださったファンの皆さんを失望をさせて申し訳ない」とし「弊社は今後このようなことが発生しないように最善を尽くしたい」とつけ加えた。

これに先立ちキム・ユジョンは、映画「愛してるから」の舞台挨拶の場で、他の俳優が観客に挨拶をしている際、自身の爪を見たり、片足に重心をかけて立つなどの態度をみせた。これに対してネット上で態度議論がわきあがった。